もってけ!ずしおうまる

モンハンが大好きな、へっぽこ大剣ハンターZushiの狩猟記録。他ゲー、アニメ、音楽、仕事の愚痴。持続性のない記事が多めです。呟き少なめのツイッター→@zushi1216

MHXX:モンハンダブルクロス140時間遊んだ感想

ども!
ずしおうまるです。
さて3月18日にモンスターハンターダブルクロスが発売され、1ヶ月がたとうという時期になりました。
今作も、ブログにいろいろアップしよう♪と思っていたら、夢中で遊んでました。
気づけば140時間遊んでいた…という。

最近モンハンのやりすぎで両手が腱鞘炎気味だし目が乾くし3DSが手汗でベタベタしてます。
いろいろ書きたいことがあったんですが、完全に波に乗り遅れた感。

あたしって、ほんとバカ…!







さて、140時間遊んでみて思ったこと。
やっぱりモンハンって楽しい!

モンハンって結局焼き増し商法なんですよ。
前作から追加されたモンスター。
前作から増えた狩技やスタイル。
無駄に面倒臭いG級。
でも多少の追加要素はあるものの結局やってることおなじだし。
最初から今まででのシリーズでだしていた全モンスター出せやゴラァ!
ヤマツカミさん出せやオラァ!

…と、思いつつ、
バカのひとつ覚えのように何度も何度も遊んでしまう。
正直、今作はやってみて何か微妙かなぁと思ったんですよ。
村クエもMH4Gに比べてイマイチ盛り上がりにかけるし…。
そのせいか前作くるったようにやっていた村クエはあまり手をつけられていません。
もっぱらオンラインでの狩りばかりしてます。
最終的には村クエもやる予定ですが、なかなか手が伸びずにいます。
それでも遊びたくなるのがモンハンの不思議。
ただ個人的にはマンネリ化しつつあるので、次回作から何らかの大きな変化がないと、ちょっと飽きがくるかもしれないですね。
ストーリー部分でもいいし、システム面でも、フィールド面でもいい。
なにかデカイ変化があってほしいです。
とりあえずMHXXをプレイして良いところ、悪いところまとめました。





《良かった点》
・狩技、スタイルが楽しい

今作追加されたブレイブスタイル。
これがほんと気持ちよくて好きです。
特に大剣は抜刀→コロリン→納刀が基礎中の基礎でしたが、
コロリン回避が必要なくなったというのがかなり素晴らしい。
敵の攻撃をいなして次の攻撃にもっていけるという、攻撃前提の防御が実に熱い。
HPの管理が少々難しいですが、咆哮すらもいなせるなんて強すぎます。
ブレイブやブシドースタイルのおかげで、
回避性能や耳栓スキルを入れなくてもそこそこ立ち回れるようになったのはホントいいですね。




・思い出のモンスターラオシャンロンが復活

MHP2Gを遊んでいたころ、ソロハンターにとっては大きな壁だったラオシャンロンが今作で復活を果たしました。
これがほんとにうれしかった。
巨大な山ほどもありそうな竜に立ち向かい、さらに砦も守らなければならないという。
はっきりいってクッソ面倒臭いクエストですが、思い出補正ってすごいですよね。
ラオシャンロンを前にした瞬間、思わず頰が緩んでしまいました。
MHP2Gで踏まれまくったなぁ、バリスタ撃ちまくったなぁ、と。
今作ではG級の緊急クエストでハンターさんを待ち構えていますが、今作の鬼門と言われるくらい強くてやばいです。
槍を当てたあと、英雄の証が流れる演出も健在。
この演出はほんと、ずるい。
ラオシャンロンが好きな理由はたぶん、8割くらいこの演出のせいですな。




・オンラインで素敵なハンターさんと会えた
前作二つ名モンスターと言われるモンスターを討伐するクエスト、特殊許可クエストがありましたね。
今作ではその特殊許可クエストのG級バージョンの超特殊許可クエストというものが存在しています。

これがまた難しいんですよ。
MH4Gのギルクエのような難易度のものもあります。
ひとりでクリアするには難しい難易度…ということは、他人との協力プレイがクリアの近道です。
もちろん、プロハンの方々はソロクリアは当たり前みたいですがw
そんなわけで並みハンは他人との協力プレイをしなければならないんですが、これがなかなか難しい。
自分さえよければ…という考えを捨てて、全員で協力するきもちがなければなりません。
野良で出会った名前も声も顔も知らないハンターさんと息を合わせて、
誰かがダメージをくらいそうなら回復してあげたり、
良いプレイをすれば素直に褒め称え、
逆に失敗したときは励ましの言葉で鼓舞する。
これが当たり前のようで出来ないんです。
わたしはこの超特殊許可クエストを2つクリアしましたが、偶然にも素晴らしいハンターさんたちと出会えました。
何回も失敗しても、誰ひとり投げださず、助け合いながらクリアできたときは嬉しかったです。
全員クリアしたあと、みんなでギルドカードを交換しあって、解散しました。
そして最後に1人のハンターさんが、
モンハンって最高だね!またどこかで!
と言って、去っていたのがとても印象的でした。
こういう素敵なハンターさんたちと出会えるから野良は辞められません。
モンハンは協力できれば最高におもしろいゲームです。
最近の野良ではそれが難しくなりつつありますが、みんなで助け合う気持ちはネットでも現実でもとても大事なことだと感じました。





・見た目を変えられる
今作いちばんの感動はこれだったかもしれません。

モンハンは一式装備を揃えても、ダサかったりかわいくない装備がけっこうあります。
強い装備ほど、なんともいえない微妙な見た目装備が多く、キメラ装備なんかにするとさらにそれに拍車がかかります。
しかし、見た目を変更できるようになったことで、性能はそのままに好きな見た目で遊べるようになったのです。
これは最高。
個人的には初期装備のベルダー一式が気にいっていたので、最初から最後までベルダーの見た目で遊べるのは最高。
モンハンは弱い装備ほど可愛い装備がある気がするからこの機能はよかった。
ただダウンロードクエストの見た目変更はできなかったので、これがとても残念。
次回はダウンロードクエストの装備も見た目変更できたり、武器なんかも変更できたら最高だなぁと思います。





《悪い点》

・狩技、スタイルが強すぎる
良い点で狩技をあげましたが、まあ、この狩技がよくも悪くも…と言ったところ。
先ほど言ったようにスタイルと狩技が出来てから、モンハンは別次元のアクションゲームになってしまいました。
特にブシドー、エリアル、ブレイブが強すぎて、昔からあったギルドスタイルの立ち回りは完全に不利です。
わたし自身、使うのは上記3つのスタイル。
MHP2Gのころから慣れ親しんでいた大剣の立ち回りにはもう戻れない気がします。
狩技・スタイルはMHXのみで…という話でしたが、
果たして狩技やスタイルが廃止され、従来通りになったとして今までで通りに立ち回れるかと言ったら微妙です。
狩技やスタイルに頼りすぎて、腕が落ちたと感じる瞬間がしばしばあり、
こればかりはホント良くも悪くも…と言ったところです。




・超特殊許可、獰猛などは必要ない
狂竜化、極限化、獰猛化、特殊許可…
モンスターを強化するためにいろいろやってますが、
はっきり言ってもうこれはいらない。
モンスターを強化するのは構わないけれど、獰猛だの極限だのいちいちそんなの作らんでいいと思います。
新モーション増えました!G級だから強いよ!
それがシンプルで一番いい。
もう〇〇化モンスターは廃止してほしいです。
ひたすらにうざい攻撃を繰り返すだけだし、かっこつけて〇〇化を増やしすぎてモンハンの世界観ぶち壊しです。
〇〇化だの言ってるくらいなら、新モンスターをガンガン増やして、新ステージ作って、新拠点をたくさん作ってくれるほうがよっぽど嬉しい。
次回作はモンスターをすべて一新してほしい。
それくらい〇〇化モンスターがモンハンをつまらなくしていると思います。
また、先ほどもお話した超特殊許可クエストですが、これも完全にいらない子だと思います。
と、いうのも超特殊許可クエストで手にはいる素材で作れる装備より強い装備がG級レベルで作れるからです。
必死に死ぬ思いをしながら倒したところで、大したメリットもない。
あるとすれば勲章コンプと名前の横に王冠が付くか否かくらいです。
それからもう1つ。
超特殊許可クエストのだめなところは、クエストを貼ったひとしかクリア扱いにならず、手伝ったひとに旨味がなさすぎるのです。
そうなると、みんなに手伝わせるだけ手伝わせて逃走するずるい人間が出てきます。
手伝った以上、みんなのクエストも手伝うのがマナーですが、
身勝手で頭の悪いひとは、そういった卑怯なことをするのです。
みんなでわいわい楽しくやりたいのに、
発売元がこんなギスギスオンラインを増長させるようなものを作ったらだめだと思います。
やる方のモラルも相当悪いですが、
作り手側もMH4Gのギルクエで散々学んだでしょ…と言いたい。





・野良のマナーの悪さ
先ほどの話とも繋がりますが、超特殊許可を作った開発の方々にもおいおい…と思いつつ、
野良で遊ぶひとのモラルの無さも相当なものです。
キック機能がついたのでMH4の頃よりだいぶマシにはなりましたが、未だにへんなひとがたくさんいます。
どうやって生きてきたらこんな人間になれるのか…と、
深く考えてしまうほど、吐き気を催す邪悪がたまにいるんですよね。
たとえば、超特殊許可クエストは特殊許可クエストを何度もクリアし、レベルを上げなければ 勲章がもらえず、名前の横に王冠がつきません。
が、しかし特殊許可・超特殊許可クエストはクエストを受注したひとしかクリアにならないという謎仕様。
そうなると参加したひとにはメリットがありません。
すると当然、順番にクエストを貼って全員のクエストクリアを目指しましょうね、という部屋がつくられるわけです。
そうすれば参加したひとも順番がまわってくれば自分のクエストを手伝ってもらえるので、参加するメリットが生まれます。
ふつうは。
このゲームのふつうじゃないところは、
自分のクエストをクリアしてもらった瞬間、平気で抜ける人間がいるのです。
自分のクエストを手伝ってもらっておいて、なんでそんなことが出来るのか…どっか欠落してるのかもしれません。
1人が抜ければみんな困惑して最悪部屋は崩壊します。
というか即抜けはまだマシかもしれません。
わたしが出会ったひとは、
順番でクエストを回します、という嘘部屋をたててひとを募り、
自分のクエストが終わった瞬間、キック機能を使って部屋にいた全員を追い出していました。
蹴られてすぐ検索かけたら、また新しいひとを募ってレベル上げしていたので、完全に常習犯です。
特殊許可部屋は少ないので蹴ったあとも部屋を建てていれば、すぐに検索で出てきてしまいますけどね。
せめて時間を置けば良いのに…頭が悪い子だったようです。
即ブロックしましたが…。
モンハンはホント楽しいんですが、たまに理解の範疇を超える人間と出会うので、なんともいえない気持ちになるし、軽く人間不信になります。
みんなで、楽しく遊びたいんだよ。
それだけなんですよ。
とくに特殊許可ほど難しいクエストはみんなで協力しないとうまく行かないんだから、もうちょっと和気藹々とやりたいです。






・アイテムボックスが足りない

特殊許可やらなにやらの素材やチケットのせいでアイテムボックスがすぐ満タンになってしまいます。
しかもボックスの拡張には灼けた攻殻というフィールドアイテムを収集して、ポイントで拡張という意味不明な仕様。
アイテムボックスの拡張なんか当たり前にやっといてくださいよ。
正直いってなんでそんなかったるい仕様にしたのかわかりません。
そもそもシリーズごとにやれ二つ名だ獰猛だとモンスターの素材がふえて、アイテムボックスを圧迫する一方なんだから、最初から99ページ分くらいのアイテムボックスにしとけ、と。
それかアイテムごとにボックスをわけてほしいです。
とくに、たん材やチケットは分けてほしいです。




・最終装備がつまらない
今回はラスボス装備が抜きん出た強さを放っているせいか、みんな同じような装備を着ている現状。
今までもそれぞれの武器ごとにテンプレ装備というものがあり、似たような見た目や構成でしたが、武器ごとの個性がありました。
でも今作ではだいたいどの武器もラスボス装備を着れば安定の強さなので、野良ではラスボス装備を着ているハンターさんが多いです。
今作は見た目変更が導入されたので、そこで個性は出せますが…。
正直、ラスボス装備を最強装備にしてしまったがために見た目変更機能がはいったの?と疑いたくなるほど。
もし見た目変更が導入されてなければ、野良は金色に輝く鎧を身にまとったハンターさんたちで溢れていたことでしょう。
また、ラスボスの装備が安定した強さを誇るがゆえに、ラスボスより強い超特殊許可クエストのモンスターの装備が完全に日の目を浴びない状態なのも残念。
超特殊許可のそれぞのモンスターごとに有用なスキルが入っていたら、装備を揃えたいひともいたかもしれないのに。
お手軽に作れて強ければ、みんなそっちを作りたいですよね。
わざわざ超特殊許可なんて死ぬ前提のクエストにいく意味がない。
エンドコンテンツである超特殊許可の装備を強くしなかった意味がまったくもって理解できません。
どうせなら超特殊許可クエストをすべてコンプしたひとだけが戦えるモンスターや称号があったら楽しかったと思います。







と、まあ辛口なことを言いますが、
なんだかんだモンハンダブルクロスはおもしろいです。
前作やってない方は十分遊んでみる価値はあるゲームだと思います。
でもシリーズファンとしては、そろそろモンハンも方向転換しないといけない時期なんじゃないかなと思います。
いつまでも既存のモンスターに頼って、そのモンスターを強化させまくってるだけじゃ、ファンは飽きちゃいますよ。
そろそろ新しいモンハンが見たいです。
はじめてMHP2GやMHP3をやったときのワクワク感がほしい。
だから、次回作がほんと大事だと思います。
今からどうなるか、楽しみにしつつもう少しだけダブルクロスを遊ぼうと思います。

モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.

新品価格
¥5,399から
(2017/6/21 16:40時点)


Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド

新品価格
¥43,500から
(2017/6/21 16:44時点)




おわり。