もってけ!ずしおうまる

モンハンが大好きな、へっぽこ大剣ハンターZushiの狩猟記録。他ゲー、アニメ、音楽、仕事の愚痴。持続性のない記事が多めです。

ラブライブ!サンシャイン!!リトルデーモンが聖地巡礼に行ってきたずら!その2

前回のラブライブ!サンシャイン!!
友人と共に憧れの聖地、魔都沼津にやってきたずしおうまる。

びゅうおで曜の切ない心境を思い、
鞠莉の察しの良さをあらためてリスペクトする。
そして、沼津バーガーで堕天使の宝珠を、ラブライブカフェで堕天使の涙をそれぞれ食し、堕天使の魔力を得ることに成功。
そしてついにリトルデーモンたちは、精霊結界に守られた堕天使の約束の地(善子の家)をおとずれるのだった!

見たことない 夢の軌道 追いかけて〜♪





リトルデーモンが聖地巡礼に行ってきたずら!
6月26日(月)1日目 後編





*中央公園
さて、前回堕天使の実家を後にしたリトルデーモンたちは、中央公園にやってきました。
中央公園は第8話「くやしくないの?」で登場。

東京で挫折を味わい、それに対して悔しさも涙も見せない千歌を心配して、
曜が勇気を振り絞ったあのシーンが思い出されます。

曜:千歌ちゃん…やめる?スクールアイドル

千歌:……。
このシーンはやばいです。
千歌の心情もわかるし曜のきもちも痛いほどわかる。
リーダーだからこそ悔しがることも泣くこともできない千歌。
そんな千歌の思いに気づいていて、ただ一緒にくやしがって泣いてほしかった曜。

一瞬しか出てこない中央公園ですが、この名シーンも相まって、印象的な場所です。

ちなみに2017年5月10日に発売された、CYaRon!(千歌・曜・ルビィのユニット)の新曲「近未来ハッピーエンド」のジャケット写真も中央公園です。
この石碑に千歌、曜、ルビィは座ってたんだねぇ…。

ちなみに超個人的な話ですが、近未来ハッピーエンドよりも、
カップリングの「海岸通りで待ってるよ」のほうが好き。
意外にもこういうポップな感じというか、教育番組で流れそうなかわいい感じの曲、好きなんです。
小さいころ3chを良く見ていた影響でしょうか。
歌い方がかなりTheアニソンといった感じなのでダメなひとはダメでしょうけれど、古き良きアニソン感があって個人的にはお気に入り。
1:54あたりからが、海岸通りで待ってるよです↓

海岸通りで待ってたのに きみは今日 来てくれない〜♪

【早期購入特典あり】 「ラブライブ! サンシャイン!!」ユニットCDシリーズ第2弾 1 (3巻連動購入特典:オリジナル収納BOX第2弾「AZALEA」リミテッドシリアルコード付)

新品価格
¥2,978から
(2017/7/1 23:04時点)


海岸通りで待ってたのに 車が走り去るだけさ〜♪






*沼津仲見世商店街
中央公園で曜と千歌の心情を思い出した我々は、仲見世商店街にやってきました。

七夕が近いからか、七夕祭りの準備が着々と進んでいるようでした。
仲見世商店街入口にでかでかとラブライブの横断幕が飾られていたので、さぞラブライブが熱いのかと思ったら…意外にそうでもない。
だが、そこが良いw

さて、ここでの聖地はここ。
第5話「ヨハネ堕天」で登場。
仲見世商店街のシャッターが降りてしまった店。
千歌ちゃんの背景にある、やたらとカラフルな壁は、

このシャッターだったりします。
第5話は善子をおいかけるというストーリー上、いろいろな場所が聖地になっていておもしろいです。

マルサン書店。
花丸が学校帰りによく通っている本屋さんがここ。
店内も登場するのですが、お客さんもちらほらいたので残念ながら中までは撮影しませんでした。
ちなみに善子もよく出没する模様。
天使大辞典というよくわからない本も売ってる謎の本屋さんである。

善子:ずら丸降臨…!?なんでここに!?

仲見世商店街ではラブライブ関連のイベントが開催されており、今回はちょうどキーワードラリーが行われていました。
指定されたお店へ行くと、それぞれ一文字ずつキーワードが貼られているので、
そのキーワードをぜんぶマスに埋めて行くと1つの文章が完成するというもの。
完成した文章を応募箱に入れるとオリジナルグッズがもらえるとのこと…これは俄然燃える。
友人とさっそくやってみることに。
この手のキーワードラリーは、文字を埋めていくとだんだんどんな言葉なのか想像がつくものなんですが…
まったくわからない。

Zushi:なにこれ…き?きいな?9?
友人:あと残り3つでぜんぶ埋まるのにぜんぜんわからんw
大人ふたりで頭をかかえる。
難易度はかなり高めであり、ズルして3、4個のキーワードから答えを導き出すことはなかなか難しいと思います。
しっかり仲見世商店街を散策しつつキーワードを埋めましょう。
それにしても七夕祭りが近かったせいか、手作りの飾り付けがとてもきれいでした。
地元の商店街という雰囲気がとてもよかったです。
ただ、よくも悪くも地元感が強く、店内に入るのはちょっと気が引けてしまいました。
キーワードラリーも、店内に入らないでもキーワードを見つけられる仕様なので、商店街の店の中までは入らなかったし。
もうちょっとラブライブにちなんだ雰囲気やお店があると、お店の中にも入って行きやすいんだけどなあ、と思いました。






*ゲーマーズ沼津店(ヌーマーズ リトルデーモン店)
仲見世商店街をすぎ、ゲーマーズ沼津店へ。
…そう。ゲーマーズ沼津店は、我々リトルデーモンの絶対的教祖さま、津島善子(ヨハネ)さまが堕店長をつとめる店です。

看板も堕天使仕様。めっさかわいい。
ちなみにこの店ではラブライブ関連グッズが売っているので、ラブライブファン・津島善子推しは絶対に来るべき。
ちなみにここでも、まちあるき缶バッジが購入できます。
ラブライブカフェではダイヤ様の缶バッジでしたが、ゲーマーズではもちろん!

我らが堕店長!ヨハネさま!
ゲーマーズのキャラクター、ゲマも描かれていですごくかわいいイラスト。
ゲーマーズでは、たのしいファン交流ノートが見られたり、まちあるきスタンプ帳なども販売されているうえ、
聖地巡礼マップもおいているので、

はじめて沼津に来た方は、まずはゲーマーズに立ち寄ってみることを強くオススメします。
聖地巡礼マップがあると、さらに散策がたのしくなること間違いなし!
さてさて、ゲーマーズで善子バッジと聖地巡礼マップをゲットした我々は再び沼津駅方面へ…すると。
ラッピングバスずら!?

東海バス オレンジシャトル
堕天使ヨハネさまが店長をつとめる店を訪れたからでしょうか…なんという幸運。

しかも、すごくかわいい。
調べてみたらバスの中もラブライブ仕様になっているみたいですね。
てっきり外観だけかと思っていました。
Zushi:ところで、曜ちゃんはなんでいつもぼっちなところn…
友人:に、人気だから広い場所に描いたんだよ!

…曜ちゃんだって二年生組なのに、いつもなぜか千歌や梨子のそばに行かせてもらえないという疑念を抱えつつも、
ラッピングバスも見られて、運気が上昇中の我々は再度、アレに挑む決意をする。
そう、ガチャガチャ。

秋葉原で2000円投資しても、善子と鞠莉だけあらわれなかったという悪夢。
このガチャガチャと戦わなければならない。
いや、戦うことを強いられているんだ!
だって…まだゼロだもん!
善子がゼロなんだよ!


あれだけがんばってお金を使って…
秋葉原まで行って10回以上回して…がんばってがんばって…
みんなにかわいい善子バッジを見て欲しいって…!
オタクとして輝きたいって…!


なのに善子がゼロだったんだよ!
くやしいじゃん!

今なら0だったくやしさを露わにした千歌ちゃんの気持ちが痛いほどわかる。
善子が0だった苦しみはトラウマものだった。
夜も安眠できないほどくやしかった。
だから、きょうこそ変わるのだ!
0から1へ!
Aqours!サンシャイーン!


くぁwせdrftgyふじこlp
よ、善子!?ついに善子がこの手に!!
堕店長の店に行き、ラッピングバスを見て、もう運気は最高に上昇していたようです。
秋葉原での悪夢がようやく消え去った瞬間でした。
ありがとう、ヨハネさま…
ヨハネさまはオラを見捨てなかったずら…
でも鞠莉だけは結局でなかった…仕方ない、こればかりは。

Zushi:どうせなら鞠莉ちゃんも欲しかったなあ…
友人:出るかな?

ガチャー

くぁwせdrftgyふじこlp
ゲーマーズに行ったからなのか?
ラッピングバスを見たからなのか?
まじでなんなのかわからないけど激運状態。
いったいどういうことだってばよ…。

こうして我々は秋葉原の雪辱を果たすことができたのだ!
ぴゃああああ!曜&善子かわいい…。
え?秋葉原と合わせてガチャガチャにいくら使ったって?4せんe…






*千歌ちゃんちの近辺
ひとしきり沼津駅周辺をエンジョイした我々は、内浦方面へ向かう。
車道のすぐ真横には海が広がり、景色も眺めも最高である。
こんな良いところに千歌ちゃんたちは住んでるのか…。
震災で津波の怖さを知りましたが、それでも海には不思議と懐かしさのようなものを覚えます。
海のそばというものは海無し県に住む身としては永遠の憧れ。
海を見るだけでテンションが自然と上がって行きます。

ここでひとしきメンバーの家を整理してみると、
沼津駅方面:善子
内浦方面:千歌梨子ダイヤルビィ花丸(?)
淡島:果南鞠莉

と言った感じでしょうか。
沼津からバス通学の曜、善子はけっこうな距離から通学しており、終バスを逃しそうになって2人が慌てていたのも頷ける。
果南、鞠莉もなかなか大変そう。
淡島から1度連絡船に乗って内浦に来て、おそらくそこからバス通学。
ただ、脳筋の果南はランニングがてら走って登校してそうだし、お嬢様な鞠莉は自家用ヘリでシャイニーな通学をしていそう。
花丸ちゃんの実家はどこなのか未だ謎ですが、曜、善子とバスに乗っている描写がなく、ルビィと通学していることから内浦周辺なのでしょう。
余談ですが、「海岸通りで待ってるよ」はこの海岸通りの道をイメージしたのでしょうか。
ここで、ずっと待ってるわけか…と妄想が膨らむ。

さて、つづいては、劇中でおなじみの松月の反対側にあるセブンイレブンの駐車場裏。
ここは第11話「友情ヨーソロー」に登場しました。
ピアノのコンクールのため急遽東京に行った梨子の代役で、曜が梨子のポジションで踊ることに…。
でも、何度練習しても、千歌と息が合わない。

噛み合わない曜のリズムと千歌のリズム。
まるでいまのふたりのあいだに生じる僅かなズレをあらわしているかのような印象的なシーンです。
でも、曜はとても器用な子でした。
最終的に曜は梨子の動きを思い出し、梨子のリズムで踊ることで、千歌と息を合わせました。
…だって、曜と千歌のリズムは合わないけど、
梨子と千歌のリズムなら合うから。

自分を押し殺してでもひとに合わせられる…それが曜ちゃn…

うわあああああああぁぁぁぁぁ!!
この時の曜ちゃんの気持ちを考えたらもう、胸が苦しくなるよ…!
どんな思いで千歌ちゃんに合わせてたんだろう…!
このシーンにわたしが居合わせたら、鞠莉ちゃんのように握りこぶしをつくり、「…ぶん殴る!」と言って千歌ちゃんをひっぱたいたでしょう。

千歌ちゃんと、わけっこしようと思って買ったみかんアイス…!
曜ちゃんは結局、わたせなかったんだよ…!
千歌ちゃんにいろんな思いがあったにせよ、梨子ちゃんのことばかりで、曜ちゃんは寂しかったんだよ!

そんなヘビーな雰囲気の中、善子はここのセブンで、一番くじを引き見事、堕天のD賞を引き当てる。
まじくそかわいい。癒し。

さて、コンビニから安田屋旅館のほうへ歩いてゆくと、船の桟橋があります。
ここは第1話「輝きたい!」で千歌と梨子が運命的な出会いを果たした場所。

梨子はこの桟橋から海をながめていました。
海の音が聴きたい…と。
ホントは梨子っぽく桟橋に立って黄昏たかったんですが、実際は船に乗船するひと以外立ち入り禁止で入れませんでした…残念。

さらにこの桟橋近辺の海岸は第10話「シャイ煮はじめました」にて登場。
千歌たちは海の家でアルバイトすることになるわけですが、実際にきて見て驚愕しました。
圧倒的に狭い。

結論:海の家なんて建たない。







*安田屋旅館
さて、本日泊まるお宿は、主人公千歌の実家の宿のモデルになった安田屋旅館。
佇まいからしてすでにもうオーラがあります。

しいたけいるかな?と思いましたが残念ながらリアルしいたけはいない模様。

安田屋旅館はもともと太宰 治ゆかりの宿として有名なようで、国の指定で有形文化財に登録している由緒あるお宿。

ラブライブで千歌の家として有名になる以前からすでに、知る人ぞ知る有名な宿だったようです。
こんな歴史ある宿にラブライブ目的で来てよかったものか、とドキドキ。

…が、中に入ればラブライブグッズであふれていて、
「ラブライブ目的で来たひとも歓迎ですよ」と言ってもらえているような気持ちになりました。
従業員さんに、中を撮影しても良いですか?とたずねると、
快く笑顔で「どうぞ!」と言ってくださり、ほんとにオタクにも優しい。
日帰り温泉もやっているようなので、日帰りで来たよ、と言う方も1度立ち寄ってみると良いかもしれません。

中もわりとそっくりそのまま。
千歌ちゃんはこんなに良い家に住んでるんですね。

でも夜はとても静かなので、千歌ちゃんみたいに騒がしい子がここに住んでたらドタバタしまくって、クレームになりそうw

泊まった部屋は1階でした。
2人で泊まったんですが、まあ、とにかく広い。
2人ではもったいないくらい。
眺めは最高で窓の外を見れば目の前には海。
これで晴れていれば最高でした。

温泉は女湯のほうは、めちゃくちゃ空いていて貸切状態。
男性風呂は、おそらく日帰り温泉組みのラブライバーもいたので混んでいたんじゃないかな?
こういうとき男性向けアニメが好きな女性ファンは得した気持ちになります。

さてさて、一息ついたら千歌ちゃんの家で、ゲーマーズで買ったピンバッチを友人と開封!
&千歌
さすが千歌ちゃんの家!
さらに眠る前に友人にスクフェスの補助チケットでガチャを引いてもらったら…

千歌ちゃん!
千歌ちゃん、きっと実家だから張り切って出て来てくれたんだなー!
…とりあえず初日はここまで。
沼津周辺、内浦周辺を見て回れて充実した1日でした。
あしたにむけてオヤスミズラー。
目を閉じれば心地よい波の音が聞こえて、千歌ちゃんは毎日この波音を聞きながら眠っているんだなあ、と思いました。







リトルデーモンが聖地巡礼に行ってきたずら!


2日目に続く!

ラブライブ! サンシャイン!! Aqours First LoveLive! ~Step! ZERO to ONE~ Blu-ray Memorial BOX

新品価格
¥14,457から
(2017/7/1 23:06時点)


【早期購入特典あり】 「ラブライブ! サンシャイン!!」Aqours CLUB SET (ジャケットイラスト使用ポストカード付)

新品価格
¥5,400から
(2017/7/1 23:06時点)