読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もってけ!ずしおうまる

モンハンが大好きな、へっぽこ大剣ハンターZushiの狩猟記録。他ゲー、アニメ、音楽、仕事の愚痴。持続性のない記事が多めです。呟き少なめのツイッター→@zushi1216

ダンガンロンパV3:第3章 転校生オブザデッド 非日常編2

ダンガンロンパV3

お、おはっくm…でろでろでろでろ…
ども!
ずしおうまるです。
はあ、ショックのあまり、でろでろしてしまいました。
ダンガンロンパV3 第3章…超展開。
前回、殺人事件の捜査をしている最中でしたが、なんと降霊術の儀式中に新たな犠牲者が出てしまいました。

いったいなんでこんなことに。
つーか、これでまた私の好きなキャラが逝ってしまいました。
まじで、章が進むにつれ、好きなキャラが減っていく…。





殺人事件の捜査中に殺人事件が起こる…
モノクマーズもそんなことを予想していなかったのでしょう。
激しく動揺します。

もし2つの殺人事件の犯人が別々だった場合は、学級裁判で2人の犯人を探さなければなりません。
その場合はどうなるのか、とモノクマーズに問いかけますが、予想外の事態にグダグダ状態。
そこで、モノファニーモノタロウがモノクマに助けを求めます。

子どもたちに呼ばれ、ハゲ散らかし無言を貫いていたモノクマは、無事、復活を果たしました。
モノクマは子どもたちが仕切っているあいだ、ゆっくりと休暇を満喫していたようです。

さて、問題の、2つの事件の犯人が別々だった場合、学級裁判はどうなるか…ですが。
早い者勝ちです。
別の犯人による別の殺人が同時に起きた場合、先に死体が発見されたほうのクロのみが、学級裁判の対象になります。
つまり…アンジーさんと茶柱さんを殺した犯人が別々だった場合、
アンジーさんを殺した犯人がクロ扱いとなり、学級裁判の対象となる…。

茶柱さんを殺した犯人は殺し損。
茶柱さんは殺され損。

てことは、裏を返すと茶柱さんを殺した犯人は学級裁判で裁かれることはない、とも言えるのか…なんだよそれ、ひどいよ。
アンジーさんと茶柱さんを殺した犯人が別々の人物なのか、同一人物なのかはわからないけれど…。
調査しないわけにはいきません。




*モノクマファイル

被害者:超高校級の合気道家 茶柱 転子
発見場所:4階にある真ん中の空き部屋
死亡時刻:午前11時頃
死因:首の後ろに刺し傷(それ以外は外傷なし)

首の後ろの刺し傷…アンジーさんの死因と同じですね。
やはり、犯人は同一人物な気がしてならない。

さて事件現場は薄暗く調査しづらい状況。
そこで唐突にキーボくんが輝きだしました!
超高校級の発明家、入間さんのメンテナンスをしてもらい新たな力…懐中電灯機能をとりつけてもらったようです。
…なんかどうでもいい力だなw





*茶柱転子の死体周辺

茶柱さんの死体は、儀式の最中に行っていた亀のポーズのまま…丸まった状態でした。
首の後ろの刺し傷が致命傷だったようですが…。
春川さんの見立てによると、茶柱さんは即死ではなかったようです。
即死でないなら、僅かでも声をだしたり、咳き込むことくらいはできたかもしれません。
でも…茶柱さんはそれをしなかった。
もしかすると、彼女は降霊術の最中は声をだしてはいけないというルールを愚直なまでに守り続けていたのかもしれません。
降霊術の最中に声を出せば失敗して、アンジーさんを呼び出せなくなってしまう。

すべては…夢野さんのために。
そう考えたらめちゃくちゃ悲しくなってきました…。

茶柱さんの死体の側には石が落ちていました。
これは魔法陣の中央で丸まったときに、茶柱さんが額に当てていた石。
つまり彼女はカゴの中でずっと、丸まって亀のポーズを取り続けていたことになります。

続いて茶柱さんの入っていたカゴ。
底からの高さは1mくらい、横幅は1m半くらい。
降霊術の前、このカゴをかぶせたのは王馬くんと最原くんだった。
外す時も2人で外す予定だったが、結果的に夢野さんが開けることになりました。

カゴの底には血液が付着しており、殺害の際に飛び散ったと思われる。
つまり、茶柱さんはカゴの中にいるときに殺されてしまった可能性が高い。
もしくはカゴを外した際に素早く殺した可能性もあるけれど…その確率はほぼない気がする。

さらに、茶柱さんの死体の真下の床が外れていることに気づきました。
降霊術前は床がはずれていなかったことを最原くん自身が確認しています。
つまり…誰かが故意に外した?
茶柱さんをカゴの中で殺した方法…この床板がポイントかもしれません。

茶柱さんの死体がある左奥の部屋の隅の床に、隙間が空いているのを見つけました。
床下になにか落ちているようですが…。




*死体発見現場の床下
床下に降りてみると、そこには血だまりが出来ていました。
茶柱さんの血痕が床板の隙間をぬって、床下に滴り落ちています。

大量の血痕…まだ新しい状態なので茶柱さんの血で間違いないでしょう。

さらにもう1つ血痕を発見。
こちらは少量で、乾いています。
茶柱さんの血痕とはかなり離れた位置にありました。

さらにその血痕の真上にある床板にも、少量ですが血液が付着しています。

床板は簡単にはずれました
床下の血痕と同様に床板の血痕もう乾いていました。
…おそらく、茶柱さんより先に亡くなったアンジーさんの血ではないでしょうか?
床板に付いていた血はアンジーさんを殴った際に付いたのでは?
アンジーさんの喉に突き刺した日本刀はすでに
見つかっていますが、頭を殴った凶器はまだ見つかっていない…やはり、この床板が怪しい気がします。

また、床板を支えている横木が切り取られていました。
しかも、床板の幅の分だけ
自然に切り取られたわけではないようです。
もしやこれも犯人の仕業?

さらに、床板の奥には穴が広がっていました。
どうやら腐食して自然に木が崩れたようですが。
ここはちょうど空き部屋の壁のあたり。
この穴からだったら、隣の空間に行けたかもしれません。
つまり、ここからなら廊下を通らず部屋と部屋の行き来ができた。
ただし、床下を移動するためには、真っ暗なので明かりが必要か…。

床下の隅には、が落ちていました。
血痕がべっとりついており、茶柱さんを殺害した凶器に間違いありません。
この鎌は春川さんの研究教室にあったもの。
やっぱり犯人は床下から茶柱さんを襲ったとしか、今の所考えられないなぁ。
茶柱さんの死体の真下の床板がはずれていたし、おそらくそこから…?
でも茶柱さんはその板の上に居たんだよなぁ。
茶柱さんがどかない限り、犯人は床下から襲えない気もするが…。
茶柱さんを刺したあと、この凶器の鎌をどうやって捨てたのか、も気になる。
儀式の最中、暗闇に乗じて床下に投げ捨てたか…
もしくは初めから犯人は床下にいたのか?





*事件現場
降霊術で使った白い布。

これをカゴに被せて儀式を行いました。
ちなみにこの布をかぶせたのも外したのも真宮寺くん。
白い布の裏側の中央付近には血痕が付着している。
布には穴は空いておらず、このことからも茶柱さんが布越しに刺された可能性はない。

犬神様の像。
この像は儀式のとき、カゴの上にのせました。
4人でやっと持ち上がるほど重い像で80kgくらいあると真宮寺くんが言っていました。
この像を儀式の前に4人で茶柱さんの入ったカゴの上にのせ、どかした際も同様に4人でどかしました。

つぎに真宮寺くんが書いた魔法陣
この魔法陣は塩で描かれたものでした。
茶柱さんの死体が発見されたときに、夢野さんが駆け寄った際に踏みつけられ、
さらに他の仲間たちも近づいたため、すでに原型を留めていません。
儀式中は再三にわたって、真宮寺くんに魔法陣を踏むなと言われていました。
もし踏んだら呪いが降りかかる、とのことでしたが、死体発見時はそんなこと言ってられない状況だったからなあ。


*証言
みんな一様に茶柱さんの死にショックを受ける中、

真宮寺くんだけは降霊術に失敗したことにショックを受けていました。
降霊術の一連の流れを真宮寺くんが説明してくれますが…。

茶柱さんは儀式が始まる前には間違いなく生きていた。
と、なるとロウソクが消されてから明るくなるまでの間に殺されたとしか考えられません。
そういえば儀式の最中、かごのこの歌を歌っているときに、妙な物音がしました。
もしかすると、そのタイミングで茶柱さんは殺害されてしまったのかも…?




一通り事件現場を調べ終え廊下を出た瞬間、
最原くんと春川さんはとんでもないものを目にしました。
うつ伏せに床に倒れる王馬くん。

が、すぐに王馬くんは顔を上げ、
嘘だよ!と微笑みました。
バカヤロー!めちゃくそびびったわ!

王馬くんは偶然事件現場の空き部屋を調べていたら、
床板を急に踏み抜いてしまい派手に転んでしまったようです。
どうやら、床下の横板がなくなっていて、偶然そこを踏み抜いてしまったようですが…。
床下の横板、たしか事件現場の床下の横板も同様に外れていた部分がありましたが…?
なにか関係があるのでしょうか。

ええ…もうタイムリミット?!
まだわからないことだらけなのに。

王馬くんに降霊術の儀式の本を見せてもらったけど、いまさらなにもわかりませんね。




*ずしおうまるの推理
私個人の推理によると、犯人はやはり床下から茶柱さんを襲ったんじゃないかな!
ただ、真っ暗な部屋の中、真っ暗な床下で茶柱さんを襲うのは厳しいので、やはり明かりを使ったのかな?と思うんですが、
そうすると、床下の隙間から明かりが漏れてバレそうな気もしますが…。
どうやって真っ暗な床下を移動したのかは考え中。

あと、犯人は降霊術をしていたメンバーか、そうでないメンバーか、がポイントですが…。
犯人は間違いなく降霊術をしていたメンバーの中にいると思います。
確かに隣の部屋と降霊術をした部屋は繋がっており、自由に行き来できたので、外部にいた人間が犯人の可能性はあります。
が、降霊術の知識や方法、部屋が暗くなるタイミングなどがわからなければ、ほぼ不可能です。
まあ、初めから床下に潜んでいた可能性もありますが、それだって、かごのこの儀式のやり方を知ってなければこの犯行は無理です。

おそらく犯人は降霊術の部屋の隅の床板を外し、床下に進入。
その後茶柱さんのいる床板を外し、鎌で首を切った。
犯人は降霊術をおこなってたメンバーの中にいると思います。
ただ暗がりの中、茶柱さんの位置や首の位置などをどうやって絞ったのかはわからない…

もっとわからないのはアンジーさんの事件もです。
ただ降霊術の儀式をやってみて思ったんですが、この儀式めいた吊るされた蝋人形の配置の仕方…。
そして中央に倒れる死体。
まるで降霊術を模したように見えませんか?
また、アンジーさんを殴った凶器は、

降霊術の部屋の床板
付着した血が乾いているのが証拠です。
降霊術の部屋で殴られて、研究教室に運ばれたんじゃないでしょうか
それならアンジーさんに開けてもらう必要なく、自由に研究教室に入れますからね。
どちらにせよ、アンジーさんは床板で殴られたあと、喉を日本刀で刺されたのでしょう。

まあ、こんな感じで推理してみました。
密室を作ったトリックもわからないんですが、とりあえず大まかに考えてみました。

犯人は真宮寺くん
…しか考えられません。彼以外だったらちょっとびっくりかも。
だって、降霊術の儀式のやり方もあれだけ熟知していれば、殺害のタイミングや儀式中のみんなの行動なんかもコントロールしやすい。
またアンジーさんと茶柱さんの儀式めいた殺され方を見ていると、降霊術に拘りがある人間が犯人としか思えません。
もちろん、2人を殺したのは同一犯。
刃物を首に刺すという殺し方と降霊術に見立てた現場を見れば、同一犯としか思えません。





と、まあ、こんな感じで推理してみましたが、実際のところはどうなんでしょうね?
1章では最原くん、2章では百田くんが犯人だ!ドヤァ…
と推理して赤っ恥をかきましたが、今回はちょっと自信があります。

個人的にすごく好きだった茶柱さんを殺されて、悲しい以上に今回の犯人には苛立ちさえ覚えます。
天海くんのときのように首謀者を殺そうとして起きた悲劇だったり、
国を背負った東条さんのために空っぽの星くんが命を諦めたり、
…理由が明確で同情の余地があった今までの事件とは違う気がするのです。
みんなを洗脳しようとしたアンジーさんはまだしも、茶柱さんはひとから恨まれるような理由もなければ、突発的な事故で殺されたわけではないですよ。
犯人が2人を殺害した動機…。
これが今回の事件で一番気になります。
いよいよ、3章もクライマックス!




ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 - PS Vita

新品価格
¥4,700から
(2017/2/9 23:59時点)