もってけ!ずしおうまる

モンハンが大好きな、へっぽこ大剣ハンターZushiの狩猟記録。他ゲー、アニメ、音楽、仕事の愚痴。持続性のない記事が多めです。呟き少なめのツイッター→@zushi1216

夏といえば JUDY AND MARY!!

 

ども!

ずしおうまるです。

夏ですね、8月ですね(^o^)!

夏になるとJUDY AND MARYの曲を聴きたくなりませんか?

ジュディマリって夏の曲が多いようなイメージがあるのですがどうでしょうか。

わたしは中高生の頃ジュディマリを聴きながら育ったので、好きな曲がたくさんあります。

ぜひいまの中高生にも聴いてほしいなってことで、夏休みに聴きたくなるようなジュディマリの曲をご紹介です。

 

 

 

 

☆Brand New Wave Upper Ground

f:id:Zusioumaru:20160818234623j:image

ジュディマリの夏の曲といえばこれ!

ジュディマリの夏の曲の中では、No1で好きです。

「ふたりで 夢を見ている〜♪」というサビが印象的。

サビに行く前はなかなかパンクな感じ。

トンガってるんですけど、サビに行くとパッと空が開ける感じが好き。

当時はポカリスエットのCM曲でした。

サビに行く直前のギターのギュンギュンした感じと、ラストのYukiが歌う英語の部分がめっちゃくちゃかっこいい。

ライブ映像は原曲を上回るかっこよさなんで、見たことないひとはぜひ視聴してみてください!

この曲が大好きすぎてカラオケで歌いたいけど、キーが高いうえに英語の部分が表現できなくて泣ける。

中学生の頃友達と、難しいね、と良いながらよく歌ってました。

ケータイの着うたにしてたっけ。

もはや懐かしい。

 

 

 

☆DAY DREAM

f:id:Zusioumaru:20160818234757j:image

Brand New Wave Upper Groundが涼しくなってきた夕暮れから夜にかけてのイメージですが、

この曲は夏の真昼というイメージ。

暑い真夏の空、しんきろう、汗ばむ体、熱い風…とまさに夏ワードがたくさん出てきて、

夏真っ盛り…のはずなのに、なぜか冷たい。

やっぱりあれですね、歌詞がどうにも悲しいからでしょうか。

とても好きな曲ですが、最初から最後まで「あたし」が報われない曲なんですよね。

ポップな詞が多いジュディマリの中でも、この曲の歌詞はひたすらに切ない。

が、しかし疾走感が気持ち良い曲でもあります。

上がったり下がったりが極端にないので、とても歌いやすいのも特徴。

わたしがカラオケで歌える数少ないジュディマリ曲ですw

 

 

 

☆Over Drive

f:id:Zusioumaru:20160818234922j:image

これはジュディマリの人気・知名度ともにある、名曲。

ジュディマリといえば、そばかす。

ではそのほかは?と聞かれたら、「Over Drive」と答えるひとが多いのではないでしょうか。

明るく、可愛い歌い方が特徴的な曲ですが、

わたしはこの曲に対してなぜか、

切ない、というイメージを持っています。

というのも、ジュディマリが解散前、Mステで最後の出演曲として披露したのがこの曲だったからです。

だから何か切なく感じるのです。

リアルタイムでは見れなかったんですが、何度かMステスペシャルとかで映像を見たことがあります。

リアルタイムじゃなくてもウルっとくるのに、当時見ていたファンは号泣だったろうなあ。

「愛しい日々も 恋も 優しい歌も 泡のように消えてくけど 今は痛みとひきかえに 歌う 風のように」

解散を決意する前に作った曲だと思うんですけど、悲しいほどに歌詞が終わりの曲としてマッチしすぎている。

 

 

 

☆くじら12号

f:id:Zusioumaru:20160818235013j:image

「ドルフィンキックで 痺れてみたいな」という謎のフレーズが好きでした。

とてもかわいい曲。

これは夏の曲と言っていいのでしょうか?

太陽が目覚めたら、とか、雪解けを泳ぐくじら…というフレーズが出てくるので、もしかすると春の曲というイメージなのかも。

勝手に夏の曲だと思っていました。

ギターが死ぬほど大変そうな曲ですよね、これ。

ギターのギの字もよくわからない素人のわたしが聴いても、何かわからんけどすごそう…という印象でした。

そして相変わらずYukiの描く歌詞は素晴らしいですね、一見でたらめっぽいのかと思いきや、後半にいくにつれ深くなっていき、終わったあと前半を聴きなおすと、やっぱ前半も好きだと思わせる。

このずば抜けたセンス。

この曲の言葉の選び方は神がかっていたと思います。

 

 

 

☆ラッキープール

f:id:Zusioumaru:20160818235110j:image

この曲がジュディマリの実質最後のシングルでしたっけ。

たしか「2001年の男運」とかいうドラマの主題歌で、ドラマの内容は一切覚えてないのにこの曲はよく覚えていました。

ラストシングルがこんなにアップテンポの曲なんて、ほんとジュディマリらしい。

ただ、やはり歌詞が今思うと…。

ジュディマリは明るいメロディーが多いですが、歌詞をよく見ると…って曲が多いです。

「古びた時計捨てる勇気を だんだんわかってく」

「ゆらめく未来へ泳いでく 〝こわくなんかないよ〝」

ラッキープールは未来を示唆する表現が多い気がします。

それがジュディマリYukiの未来への漠然とした不安と希望だったのかはわかりませんが…。

 

 

 

 

夏は関係ないがわたしが、もっとも好きなジュディマリの曲があるので、ご紹介!

 

 

 

☆小さな頃から

f:id:Zusioumaru:20160818235142j:image

終始優しいメロディーとボーカル。

この曲のYukiの声は優しく語りかけるように歌うので、ほんと涙腺が緩む。

ジュディマリファンのあいだでは最早定番の名曲です。 

アップテンポの曲が多いイメージのジュディマリだけど、この曲はじっくり聴くタイプ。

ジュディマリは好きな曲がたくさんあるし、名曲はたくさんあるけど、この曲はやはり特別好きです。

間違いなくマイフェイバリット曲です。

ジュディマリで良い曲ある?と聞かれたら迷わずこの曲をオススメします。

「小さな頃から 叱られた夜は いつも聞こえてきてた あの小さなじゅもん」

今まで叱られた経験がない人間などいないでしょう。

だからこそ、ぐっと来るものがある。

叱られて、ひとりぼっちで部屋で涙を流して、自分が情けないような悔しいような悲しいような、よくわからない気持ちがごちゃまぜになる感覚。

小さなじゅもんってなんだろう…と思ったりもしましたが、想像することすら野暮というか…それはひとそれぞれでしょうね。

Yukiには彼女にとって大切な言葉、じゅもんがあり、私たちには私たちにとって大切なじゅもんがあるはず。

ラストがとにかく鳥肌ものなので、ぜひ1曲通して聴いてもらいたい名曲です。

 

 

 

以上!

夏にききたくなるジュディマリソングでした。

やっぱ好きな曲ばかりで、ほんと素晴らしいバンドだったとしみじみ思います。

再結成しないかなあ…またジュディマリの曲が聴きたいな。

再結成は無理だとしても、

いつかジュディマリっぽいバンドが出てくることを祈ります。

 

 

 

おわり。