読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もってけ!ずしおうまる

モンハンが大好きな、へっぽこ大剣ハンターZushiの狩猟記録。他ゲー、アニメ、音楽、仕事の愚痴。持続性のない記事が多めです。呟き少なめのツイッター→@zushi1216

妖怪ウォッチ3 テンプラ 序盤をプレイしてみた感想!

 

ども!

ずしおうまるです!

妖怪ウォッチ3 テンプラ 買いました。

f:id:Zusioumaru:20160718161259j:image

7月16日発売でしたが、発売日は友人と遊ぶ予定があった為、発売日には買いにいけず。

出先で買えばよかったのですが、妖怪ウォッチ2のとき発売日の午前中に買いにいったら、すでに行列が出来ていたのを思い出し、どうせ買いにいっても売り切れだろうなあと思い、あきらめてしまいましたw

が!次の日仕事帰りにだめもとで地元の本屋さんにいったら、ゴロゴロ並んでましたw

2のときは売り切れ続出だったんですけどね…妖怪ブームも下火になってきたのかなー?

さて!

今回は妖怪ウォッチ3序盤をプレイしてみて、

今作からの新要素やそれについての感想をまとめてみました↓

 

 

 

 

☆今作も2バージョンの悪徳商法だニャン

今作はスシバージョンとテンプラバージョンの2つのソフトが発売されています。

内容は変わらず、出てくる妖怪が多少違うみたいですね。

f:id:Zusioumaru:20160718161654j:image

わたしはネコ派なので、単純にネコが表紙になっているテンプラバージョンを選びました。
が、しかしネットで見ている限り、どちらかといいえばスシバージョンの方が人気のようですね。
コマさん人気、おそるべし!

それにしても、相変わらず特典妖怪商法が汚いですね。

妖怪ウォッチシリーズは、各ソフトに特典妖怪がいます。

*パッケージ版スシ→KKブラザーズ

*パッケージ版テンプラ→トムニャン

それに加えてダウンロード版までも特典妖怪がいて、

*ダウンロード版スシ→スシジバ

*ダウンロード版テンプラ→天コマ

さらにさらに、前作の妖怪ウォッチ本家・元祖・真打、妖怪バスターズ2種、妖怪三国志とれんどうすることで手に入る妖怪もいます(^o^)

 

 

…オイwww

 

 

 

どんだけ商魂たくましいんだよ( ゚д゚)!

この時点ですでに妖怪をコンプリートしたい気持ちがへし折られますよね。

せっかくの良いゲームなのに台無しです。

真にユーザーのことを大切にしたいなら、この商法は次回作から絶対にやめるべき。

 

 

 

 

☆今作は2人の主人公と2つの国を行き来するニャン!

f:id:Zusioumaru:20160718162128j:image

今作では基本的にはケータくんとイナホちゃん、ふたりの主人公を動かしながら物語が進みます。

f:id:Zusioumaru:20160718162553j:image

前作の主人公、ケータくんはお父さんの仕事の関係でアメリカに引っ越すことになり、

ケータくん視点で物語を進めるときは、アメリカが舞台になっています。

アメリカで出会う新しい友だち。

そして、謎の飛行物体の落下事件と町中で起こっている不思議な怪奇現象…妖怪たちの仕業なのでしょうか?

f:id:Zusioumaru:20160718162534j:image

もう1人の主人公、イナホちゃん視点でプレイするときは、日本が舞台になります。

物語はイナホちゃんとUSAピョンを中心にして進みます。

USAピョンが妖怪になる前に出会った博士との大切な約束を果たすために、凸凹コンビが大活躍します。

最終的にはケータくんとイナホちゃんの物語が1つになるのかな?と予想。

そこらへんはまだクリアしてないので不明です。

いまのところケータくんとイナホちゃんの物語をいったりきたりしてます。

どちらか一方のみを進めるということはできません。

f:id:Zusioumaru:20160718234046j:image

ケータくん視点を進めても、イナホちゃん視点の物語が進んでいないとケータくんの物語が進展しないので、けっこう不自由。

そのせいで、2人のストーリーをいったりきたりするので忙しないかもしれません。

ケータくんの物語を終えてから、イナホちゃんの物語を…と、したほうが落ちついてプレイできたんじゃないかなーと思うんですが…。

まあでも、おそらく最終的に2人の主人公の物語がつながると予想しているので、後半の物語に期待しています。

つーか、すでにイナホちゃんが嫌い…という声もチラホラ出ているみたいですね。

f:id:Zusioumaru:20160719154149j:image

わたしは単純にUSAピョンと博士の関係や過去が気になったので、正直ケータくんよりイナホちゃん視点の物語のほうが面白いと思ったし、感動して涙腺がゆるみっぱなしでしたけどね。

USAピョンとイナホちゃんの関係性も、ジバニャンとケータくんをみているようで、ほのぼのします。

たぶん、イナホちゃんのマイナスポイントは、オタク言葉で喋るうえに、見た目が地味だから世間一般のウケがイマイチなのかも。

f:id:Zusioumaru:20160719002823j:image

無難に前作、前々作の女主人公のフミちゃんみたいな、かわいくて元気な王道の女の子にしておけば安パイだったんだろうけど…時すでに遅し。

 

 

 

☆戦闘がちょこっとだけ複雑化したニャン!

f:id:Zusioumaru:20160719001400j:image

以前は必殺技を出す時や、おはらい時などに使っていた下画面。

今作では縦横3マスのマス目が追加され、戦闘中に妖怪を移動させることができるようになりました。

横一列に妖怪を並べると、攻撃した妖怪のあとに他の2匹が追撃してくれたり、

縦一列にならべると、後方の妖怪は攻撃されなくなったりと、

以前より戦略性が増したかな、と思います。

範囲攻撃などもマス目に沿っているので、攻撃が来る前に範囲外に移動しないと、大ダメージをくらってしまいます。 

逆に言えば、うまく移動できれば敵の必殺技を避けられるようになった…ということです。

でも、ぼんやり戦闘していると、気づいたらピンチになってることもけっこうあるので、気の抜けない戦闘になったかなあと思います。

f:id:Zusioumaru:20160719014752j:image

雑魚戦も油断してると死んでしまうので、以前に比べたら忙しい戦闘になりましたが、これはこれで楽しい。

ただ、以前よりバトルの敷居が高くなってしまったかなと思います。

あと、タッチペンがないと死にますw

わたしは3DSタッチペンを紛失してしまったので、すべて指で操作しているのですが、めちゃくそ戦いにくいですw

 

 

 

☆ガシャがルーレット式になったニャン!

妖怪ウォッチわたしが大嫌いなシステムの1つ。それがガシャです。

このガチャシステムと、れんどうシステム、特典妖怪システムさえなければ、ポケモンに並ぶくらい好きになれたんですけどね…。

1日に回せる回数が限定されているうえに、レア妖怪が出るかは完全に運。

たいていはガシャをまわしてもゴミアイテムばかり。

リセットも不可。

ガシャでしかともだちになれない妖怪も多数いるので、妖怪大辞典を埋めるのはかなり骨が折れる作業になります。

レア妖怪が出やすくなるコインが欲しければ○○という雑誌を買って、そこにのっているQRコードからコインをゲットしてください…みたいなのはザラです。

また金がかかるんかいw

ガシャではなく、ポケモンみたいに自分でゲットできるようにしてくれればまだモチベーションがあがるんですけどね。(ポケモンも映画の前売り券と引き換えとか悪どいことやってるけど…)

f:id:Zusioumaru:20160719105055j:image 

今作はルーレット式になったので、任意のタイミングでルーレットを止められます。

通常は大当たりは1ヶ所のみですが、大当たりの数を増やすこともできるので、前作よりは作業になりにくいかも。

前作は淡々とガシャを回すのみだったので、なかなか良い妖怪が出ないとかなりイライラしました。

自分の運が悪いのか、はたまたゲーム会社の陰謀なのか…とにかくぶつけようのない憤りを感じていましたが、

今作はルーレットなので、たとえ外れたとしても、自分のタイミングが悪いだけなので、イライラ感は少し薄れました。

そういう点ではルーレットは気が紛れるので悪くないと感じました。

 ただし、ルーレットはアメリカのガシャのみ。

イナホちゃん視点の日本では今まで通り運任せのガシャです(´・_・`)

 

 

 

☆いまのところ、残念だったポイントだニャン!

 f:id:Zusioumaru:20160718234831j:image

そう…それは2人の主人公で妖怪大辞典の共有ができないこと。

実はケータくん視点で、ガチャができるようになって、1発目で大当たりをひきました。(仕様なのが偶然なのかは不明)

そして、コタロウが友だちになりました。

が、しかし。

ケータくん視点ではコタロウを使えるのですが、イナホちゃん視点ではコタロウは使えません。

イナホちゃん視点でコタロウを使いたければ、新たにともだちになるしかないのです。

終盤、もしかしたら2人の妖怪大辞典を共有できるかもしれませんが、いまのところは別々です。

ただでさえ妖怪大辞典をコンプするのは、だるいんですけど状態なのに、もう1人分の妖怪大辞典まで埋められないですよね…。

まあ、2人の主人公と位置づけてしまったうえに日本とアメリカで舞台を2つにわけてしまった以上、妖怪大辞典を共有するのは不自然なので、仕方がないのかなあ、と思いますが。

600体、妖怪が出るとパッケージにはありましたが、

ふたりぶんあわせたら途方もないですよね(´・_・`)

すでにコンプする気にもならない。

さすがに、後半は辞典を共有することになりそうな予感がします。

 

 

 

と、こんな感じで、

相変わらずの悪徳商法ですが、ストーリーは先が気になるかんじです。

いまのとこおもしろいです。

2に比べて批判的な意見が多いみたいですが、とりあえずクリアしたらもう1度感想を書けたら、と思います。

がんばってクリアするぞい(^o^)

 

 

 

おわり。