もってけ!ずしおうまる

モンハンが大好きな、へっぽこ大剣ハンターZushiの狩猟記録。他ゲー、アニメ、音楽、仕事の愚痴。持続性のない記事が多めです。呟き少なめのツイッター→@zushi1216

DQ8:法皇マルチェロ!

 

ども!ずしおうまるです。

3DSドラクエ8もうちょいでストーリーも終わるかな?

前回、煉獄島に閉じ込められたエイトたちでしたが、ニノ大司教の助けられ、脱出することができました。

一カ月前に亡くなった法皇様の死の原因。
そして杖を持ったマルチェロがどうなったのか。
エイトたちは真相に近づくべく再び出発します。
 

 

 
サヴェッラ大聖堂に行くと、法皇様の部屋に棺が置かれていました。
やはり法皇様が亡くなったのは事実だったようです。
人々に話を聞くと、法皇様は足を滑らせ崖から落ちて亡くなった…と不幸な事故として処理されているようです。
しかし、サヴェッラ大聖堂のメイドの中には、法皇様の遺体に刺されたような傷があったことを目撃していたり、
事故が起こった夜、マルチェロ法皇様の部屋へ入り、直後法皇様の悲鳴を聞いた、というひともいます。
本当に不幸な事故なのか?確かめる必要がある…。
f:id:Zusioumaru:20150912112551j:image
エイトたちは新しい法皇様の就任式が行われているという聖地ゴルドへやってきました。
新しい法皇様…
f:id:Zusioumaru:20150912112722j:image
それはマルチェロでした。
法皇様を殺害し、次期法皇だったニノ大司教を煉獄島へと追いやったマルチェロは、ついに法皇の座を手に入れたのです。

マルチェロは王族というだけで、能力のない人間が、王や法皇になれるのはおかしいといいます。

平民でも王になる器を持つものはいるはず…だが身分のせいで王にはなれない。
しかし、マルチェロは違う。
自らの手でこの法皇という地位を掴み取った。
自分に従い、無能な王を玉座から追い払い、今こそ新しい主を選ぶべきだ!と主張するマルチェロ
f:id:Zusioumaru:20150912113000j:image
言いたいことはわかります。
けれど、その地位を掴み取るために、どれだけの人間を蹴落として犠牲にしてきたのでしょうか。
平気で他人を犠牲にするような王や法皇に誰が従う?
結局、王族ってだけで無能な人間が王になるのと、なにもかわらない。
結局、どっちもクズはクズ。
 
 
 
そしてマルチェロはエイトたちの存在に気付き、侵入者として始末しようとします。
まあ、エイトたちはマルチェロがどうやってその地位を得たか知ってますから。
単純に邪魔なんでしょう。
f:id:Zusioumaru:20150912114005j:image

エイトたちはマルチェロの飼い犬の聖堂騎士団にかこまれてしまった!

だがそのとき!
神鳥のたましいがエイトに語りかける。
f:id:Zusioumaru:20150912114113j:image
『さあ 今こそ、ボクのチカラを使って……!』
エイトの身体が輝き出し、一瞬で不死鳥へと変わります。
そして、まっすぐ巨大な女神像の前で、演説していたマルチェロの元へと飛ぶ!
f:id:Zusioumaru:20150912114426j:image
エイトたちは静かにマルチェロの前へと立ちふさがる!
オディロ院長や法皇様、ニノ大司教…みんなの思いをのせて!
 
 
 
 
f:id:Zusioumaru:20150912114458j:image
通常攻撃とグランドクロスが強力。
メラゾーマかまいたちを使うときもあるがこちらはそれほどでもないです。
ドラクエ8のボス戦ではおきまりのいてつくはどうも使ってくるが、それほど頻回ではない。
はっきりいってレオパルドのほうが強い…気がする。
レオパルド戦前にタンバリンを作っていれば、マルチェロ戦もだいぶ楽になります。
ゼシカにタンバリンとバイキルトを担当してもらい、
ククールが回復やスクルトを、
エイトとヤンガスで殴ってれば思ったより早く倒せます。
結局、口ばかりで意外にたいしたことない法皇様です。
f:id:Zusioumaru:20150912115350j:image
勝利後…精神力でラプソーンを押さえ込んでいたマルチェロでしたが、エイトたちに敗北したことで、ラプソーンに逆に乗っ取られてしまいます。
そして…くしくもここは聖地ゴルド
三角谷でクーパスの残した記述を思い出してみると分かりますが…
f:id:Zusioumaru:20150912115620j:image
暗黒神ラプソーンの身体は世界の中心にある大岩に封じ込めた。
人々がいたずらに扱わぬよう、魔法戦士シャマルが、今ではその大岩を像に生まれ変わらせたと聞く』
f:id:Zusioumaru:20150912115915j:image
その大岩とは、まさに聖地ゴルドの象徴!
巨大な女神像だったのだ…!
 
 
 
マスター・ライラス、サーベルト、オディロ院長、ギャリング、チェルス、メディ、法皇様。
七賢者の血を吸った杖からついにラプソーンは解放され…
f:id:Zusioumaru:20150912120026j:image
そして女神像に封じ込められていた肉体も取り戻しました。
女神像は大きな音を立てながら崩壊し…
f:id:Zusioumaru:20150912120322j:image
一気に爆発!
そしてゆっくりと大地がせり上がり…
f:id:Zusioumaru:20150912120409j:image
聖地ゴルドの大聖堂部分は宙に浮かび…禍々しい空中都市になってしまいました。
f:id:Zusioumaru:20150912120534j:image
赤黒い空…
不気味に浮かぶ都市…
ついに暗黒神ラプソーンは復活を遂げた!!
f:id:Zusioumaru:20150912120609j:image
 
 
 
 
残された聖地ゴルドはもはや町としては機能していないほどボロボロ。
家や建物は吹き飛び、大聖堂があったところは大穴が開いています。
生き残ったひとたちは、ただただ目の前で起こったことが理解できず、呆然とするばかり。
f:id:Zusioumaru:20150912120729j:image
そして法皇就任式を見に来ていた、多くの罪もないひと達が、爆発に巻き込まれ、大穴の中に落ちて死んでいった…。
f:id:Zusioumaru:20150912121047j:image
そして、当事者であるマルチェロは無様に生きのびていました。
今にも大穴へ落ちそうなマルチェロ…必死にしがみついている!
が!手を滑らせ…落ちる!
f:id:Zusioumaru:20150912121302j:image
と、思いきやとっさにククールが手を差し伸べました。
マルチェロに煉獄島へと落とされたあたりから、妙に口数の少なかったククール
きっといろんな葛藤があったはずなのに…。
マルチェロククールたちの邪魔がなければ暗黒神ラプソーンのチカラを我が物にできた!と呟きます。
 
 
 
 
そして、もう一度、ククールの手を振り払い、穴に落ちて死のうとします…。
f:id:Zusioumaru:20150912121431j:image
が…再度ククールマルチェロの腕を掴み、それをさせませんでした。
『…死なせないさ。虫ケラみたいに嫌ってた弟に情けをかけられ、あんたはみじめに生き延びるんだ。
好き放題やって、そのまま死のうなんて許さない』
f:id:Zusioumaru:20150912122017j:image
マルチェロを引き上げ、助け出したククール
生き恥をさらせというのか!と逆ギレするマルチェロ
まあ、言いたくなる気持ちもわかります。
いろんなひとを蹴落としてのし上がり、
寄付金を巻き上げ、賄賂を送り、
マルチェロを諭そうとした法皇様を殺し、
ニノ大司教を煉獄島に突き落とし、
散々汚い手を使ってやっとこさ法皇の座を手に入れたにもかかわらず、
大嫌いな弟に邪魔され、
あげく、暗黒神を復活させてしまったうえに、
結果的に多くの人が死ぬ引き金をひいてしまったのですから。
そりゃマルチェロ的には死んで楽になりたいでしょう。
f:id:Zusioumaru:20150912122820j:image
しかし、ククールマルチェロ生き恥をかかせるために助けたわけではなかったのです…。
『10年以上前だよな。身寄りがなくなったオレが初めて修道院に来たあの日。
最初にまともに話したのが、あんただった。
家族も家もなくなって、ひとりっきりで…。
修道院にも誰も知りあいがいなくて。
f:id:Zusioumaru:20150912123329j:image
最初に会ったあんたは、でも優しかったんだ。
はじめのあの時だけ。
オレが誰か知ってからは、手のひらを返すように冷たくなったけど、それでも…。
…それでもオレは。忘れたことはなかったよ』
 
 
 
 
ククール生き恥をさらして欲しいからマルチェロを助けたわけではないのです。
身寄りがなく、不安だった幼いククールに親切で優しかったマルチェロ
どんなに冷たくされたって、そのことを忘れられなかったから。
それがマルチェロの本来の姿だったと、知っていたから。
血の繋がった兄弟だからこそ、生きていてほしいかったのです。
だからククールは、マルチェロを助けたのです。
ククールの話を聞き、ゆっくりとあるきだすマルチェロ
ククールに背を向け、
『いつか…私を助けたこと…後悔するぞ』と、呟きながら。
f:id:Zusioumaru:20150912123705j:image
『…好きにすればいいさ。またなにかしでかす気なら、何度だって止めてやる』
ククールは背を向けたマルチェロに、そう言葉を返すのでした。
f:id:Zusioumaru:20150912124107j:image
最後にマルチェロは、ククールにあるものを放り投げます。
f:id:Zusioumaru:20150912124153j:image
それは、マルチェロ聖堂騎士団の指輪。
もう必要ない、とマルチェロは呟き…
f:id:Zusioumaru:20150912124239j:image
二度と振り返ることなく、崩壊した聖地ゴルドを後にするのだった。
 
 
 
 
以上、今回はここまで。
マルチェロ…ついに失脚!
マルチェロwwwざまあwww
…とか思っていたら、ククールがいいやつすぎて、ホントすいませんという気持ちになりました。
でもやっぱリメイク版をプレイしてもマルチェロは好きになれませんでした。
煉獄島にエイトたちを落としたくだりから、ククールのことなんて弟ともなんとも思ってないじゃないですか。
正直ククールに死んでほしかったんじゃないかと思います。
まあ、たぶんこの後マルチェロはいいやつになったのかもしれません。 
ご想像にお任せしますって感じですかね。
 
 
おわり。