もってけ!ずしおうまる

モンハンが大好きな、へっぽこ大剣ハンターZushiの狩猟記録。他ゲー、アニメ、音楽、仕事の愚痴。持続性のない記事が多めです。呟き少なめのツイッター→@zushi1216

DQ8:新たな犠牲者とキラーパンサーの物語

 
 
ども!
ずしおうまるです。
前回イシュマウリ、ルイネロ、パヴァン、ミーティア…さまざまなひとたちの協力で、ついに船を手に入れたエイトたち。
f:id:Zusioumaru:20150902114903j:image
ドルマゲスが向かったという西の大陸へ向かって出航するのだった!
 

 

さて。船を動かしてすぐに、小さな島にお城のようなものが立っている場所を発見。

f:id:Zusioumaru:20150902115039j:image
降りてみる。
実はここは軽くトラウマだったりする。
ここに出現するカエルになぶり殺されたのだ。
ただ、今作はシンボルエンカウントになったので、モンスターに気づかれにくいし、気がつかれたとしても逃げられる。
しかもレベルもそこそこ上げてるし、昔ほどの不安はない。
中に入ると…どうやらここはメダル王女の城らしい。
f:id:Zusioumaru:20150902115713j:image
この城の主であるメダル王は病のため、療養中のようである。
代わりに彼女がメダル王女として、小さなメダルを集めているのか…。
彼女の家系は代々世界中にある小さなメダルを集めることを使命としているらしいが…いったいなんのために、なのかは不明。
f:id:Zusioumaru:20150902120149j:image
いままで集めた小さなメダルを渡したら、ガーターベルトがもらえた。
なんかエロいな!
やー、全然小さなメダルなんて意識してなかったから、取りこぼしが多いだろうなあ。
ま、取りこぼしたぶんはまたのんびりと集める…ってことにして気楽にいきましょう。
 
 
 
 
メダル王女の城を後にしたエイトたちは、さらに西へ向けて船をだす。
昔は西迷子になりまくって聖地ゴルドーまで行っちゃったこともあったなあ。
f:id:Zusioumaru:20150902120419j:image
あそこでお金稼いだり、強い武器を買ったりしたっけ。
興味があるひとはストーリーは進まないけど、聖地ゴルドーに行ってみては?
さて地図の矢印のところまで行くと、海辺の教会が見えます。
f:id:Zusioumaru:20150902120846j:image
ここでは宿泊とお祈り…ドルマゲスの情報を得ることができる。

どうやらこの先にあるのはベルガラックというカジノで有名な町があるらしい。

f:id:Zusioumaru:20150902121014j:image
そして、海を歩いて渡る不気味な道化師の目撃情報も…。
やはりドルマゲスが向かったのはベルガラックのようである。
エイトたちの次の目的地はベルガラックに決まった。
 
 
 

教会から道なりに南へ歩いて行くと、ベルガラックにたどりつく…

f:id:Zusioumaru:20150902121330j:image
しかし、有名だというカジノは閉鎖中。
さらに町の人々の間では、数日前にカジノのオーナーの屋敷に強盗が入ったという話と、
強盗が入った日からオーナーのギャリングの姿を誰も見ていない…という話で持ちきりであった。
ギャリングは強盗に襲われ、怪我でもしたのではないか?という憶測も流れているようだが。
その事件にドルマゲスは関わっているのだろうか…。
エイトたちはさっそく情報収集をはじめる。
するとホテル内にあるカジノに続く扉の前で、バーテンダーとホテルの従業員らしき男がコソコソしているのを発見する。
『あの日、ギャリング様の屋敷に強盗が入ったのは知ってるな?』
f:id:Zusioumaru:20150902121906j:image
『じつはな…あのときの強盗に、ギャリング様はころされてしまったんだ。
オレもその場にいたわけじゃないから、くわしいことは分からんが、その強盗は道化師の格好をしていたそうだ』
道化師…やはり事件にはドルマゲスが関連しているようだ。
しかも不思議なことにその強盗は金目の物を一切持ち出さなかったという…まるで最初からギャリングを殺すのが目的だったかのように。
f:id:Zusioumaru:20150902122800j:image
そして、ギャリングの養子のフォーグとユッケがカタキを討つために追っ手を放ったらしい。
…ということは、彼らはドルマゲスの逃げた先を知っている?
いったい追っ手はどこへ向かったのだろうか?
 
 
 
さっそくバーテンダーを追いかけ、詳しく情報を聞くことに。
先ほどの話を立ち聞きしていたことを告げると、すぐに情報を話し出した。
f:id:Zusioumaru:20150902123109j:image
ベルガラックの北にある島…
そこには身を隠すのにうってつけな遺跡がある
そうだが…。
ドルマゲスが本当にそこへ向かったのかは定かでないが、なにか手がかりがあるかもしれない。
さっそく船を出しベルガラックの北に島へ向かう。
f:id:Zusioumaru:20150902140004j:image
なにやらまがまがしい紫色の雲が立ち込めているが、あそこにドルマゲスはいるのだろうか。
島に人影は見つからない。
ひとが住んでいた形跡はあるものの、何年も前に廃墟となったようだ。
f:id:Zusioumaru:20150902140122j:image
奥へ進むとまがまがしい雰囲気を漂わせる遺跡がある。
すると遺跡の入り口付近に人影が…。
f:id:Zusioumaru:20150902140308j:image
あの後ろ姿は…
f:id:Zusioumaru:20150902140402j:image
ドルマゲスはエイトたちを見て不気味な笑みを浮かべると、そのままゆっくりと遺跡の奥へと消えていった。
すぐにエイトたちが後を追うが、遺跡の中は真っ暗な闇が広がるだけ。
そしてドルマゲスの笑い声が聞こえたかと思うと…
f:id:Zusioumaru:20150902140505j:image
入口に戻されてしまった…。
何度入ってもおなじ…入口にもどされる。
途方に暮れるエイトたちの前に現れたのはベルガラックからやってきたドルマゲス討伐隊。
彼らの見解によると、どうやらあの遺跡から溢れ出す闇はドルマゲスの作った結界なのではないかというのだ。
そしてサザンビーク王家に闇を払う魔法の鏡があるという噂を聞いたことがあるらしい。
なるほど…王家の者ではないエイトたちに鏡を貸してくれるかどうかはわからないが、いまはそれにすがるしかないようである。
f:id:Zusioumaru:20150902141049j:image
ギャリングを杖で刺したあと、胸をおさえて苦しんでいたというドルマゲス
膨大な力を取り込んで、身体はもう限界のようだ。
倒すチャンスはいましかない。
エイトたちは結界を打ち払うための鏡を貸してもらうために、サザンビークへと向かうことに。
 
 
 
 
…と、サザンビークへ行くまえに寄り道。
ベルガラック近辺にあるひときわ派手な建物…ラパンハウス
ここではキラーパンサーを飼育しているようである。
正面入口にいる男性に話しかける。
彼の名前はカラッチ
ここの主人であるラパンというひとの家来のようだ。
f:id:Zusioumaru:20150902141447j:image
とりあえずラパンというひとに会うために、カラッチから出題される3つの質問に答える。
どの質問も動物に優しく、キラーパンサーに優しくすることを意識すればいい。
カラッチの気にいる解答を選ぶと中に入れてもらえる。
f:id:Zusioumaru:20150902142002j:image
ラパン様に会えました。
キラーパンサーを意識した衣装が素敵だね。
彼はエイトを一目で気に入り、あるお願いをしてきます。
どうやらラパン様の古い友がある場所で道にまよっているみたい。
多忙なラパン様に代わって、道標になってほしいとのこと。
f:id:Zusioumaru:20150902143851j:image
この近辺にある4つのキラーパンサー像が見つめる先。
その中心に明け方しか見えない、不思議な木があるという。
f:id:Zusioumaru:20150902144110j:image
そこにラパン様の友はいる。
そして友にあるものを渡して欲しいという。
『深き眠りのこな』
それを渡せばわかるから、というラパン様。
なんだかヘンなお願いだけど、了承するエイトたち。
するとラパン様はキラーパンサーを貸してくれます。
f:id:Zusioumaru:20150902144531j:image
うっひょー!かっこいい!
 
 
 
草原を駆け抜けるキラーパンサー!
サイコー!ドラクエ8といえばキラーパンサーですよ。
f:id:Zusioumaru:20150902144630j:image
しかも今作はシンボルエンカウントなので、戦闘を避けたいときにモンスターを避けられるので、キラーパンサー大活躍の予感。
さて、キラーパンサーに乗りながら4つの銅像の視線の先を確認する。
すると…どうやらこのあたりのようだ。
f:id:Zusioumaru:20150902144828j:image
夜明けにしか見えない不思議な木…と言っていた。
とりあえず夜明けまで待ってみる…と!
おぉ…夜が明けようした瞬間、木があらわれた!
根元にせかいじゅのはまで落ちていた。ラッキー。
f:id:Zusioumaru:20150902145034j:image
木にゆっくり近づいてみると。
青いキラーパンサーを発見!
f:id:Zusioumaru:20150902145223j:image
彼の名前はバウムレン
ラパン様の命令で使いにでたまま、帰り道がわからなくなってしまった…というバウムレン。
なんとなくバウムレンの姿を見た瞬間、察しがついた…。
バウムレンはもう…。

エイトはラパン様から預かった深き眠りのこなをバウムレンに見せる。

すると…バウムレンもすべてを察したようだ。
『おかしいと思っていたのだ。行けども行けども同じ所をグルグルと回ってばかりなのだからな』
f:id:Zusioumaru:20150902145701j:image
『旅人よ、礼を言わねばならん。そなたが来なかったら、わしは永遠に行くべき道を失ったままであった』
エイトは深き眠りのこなをバウムレンに振りかける。
すると…バウムレンの身体が輝き出す。
f:id:Zusioumaru:20150902145915j:image

『旅人よ。もしも再びラパンさまに会うことがあったら、こう伝えてもらえぬか。

このバウムレン…ラパンさまに会えたという、それだけで、まことに幸福な人生であった…とな』
最後にエイトにそれだけ伝えると、バウムレンは夜明けの空へと旅立っていった。
 
 
 
 
うわああああ!
バウムレンーー!唐突なイベントなはずなのに、なんで涙が出るんだ…。
このイベントをもっと掘り下げていたら、号泣イベントになったに違いない。
にしてもドラクエ8は別れが多いんだよね。
ラパンさまの所へ戻ったエイトたち。
あの木は太古より命をつかさどる木と呼ばれていたそうで、そのため、死んだものたちが道にまよってしまうことがあるそうだ。
f:id:Zusioumaru:20150902150455j:image
バウムレンもきっと、ラパン様にまた会いたくて、探していたら迷子になっちゃったんだね。
バウムレンはラパン様が心を通わせたはじめてのキラーパンサーで、バウムレンのおかげでいまのラパン様があるのだそうだ。
だったら自分で見送ってあげればよかったんじゃ?と思うかもしれないけど、
バウムレンと出会ったおかげで、ラパン様はいまの仕事ができている。
だからたとえバウムレンのためでも、仕事をとめることはできなかった…。
ちなみにラパン様はどんな仕事をしているのかというと…
キラーパンサー友の会 会長。
…そんなに多忙か?
f:id:Zusioumaru:20150902151206j:image
ラパン様はお礼にと、エイトたちをキラーパンサー友の会の会員にしてくれました。
そして会員証でもあるバウムレンのすずをくれました。
これでいつでもキラーパンサーを呼べるよ!
 
 
 
てなわけで、今回は終了。
再びドルマゲスの犠牲者が出てしまったね。
でも同時にドルマゲスを追い詰めた!ともいえる。
さらにキラーパンサーもゲット!
3DS版では重宝しそうです。
 
 
 
おわり。