もってけ!ずしおうまる

モンハンが大好きな、へっぽこ大剣ハンターZushiの狩猟記録。他ゲー、アニメ、音楽、仕事の愚痴。持続性のない記事が多めです。呟き少なめのツイッター→@zushi1216

DQ8:蘇るアスカンタ城…そしてパルミドへ。

 
 
 
ども!
ずしおうまるです。
前回アスカンタ城を訪れたエイトたち。
しかしアスカンタのパヴァン王は2年前亡くなったシセル王妃を忘れられず。
王様もアスカンタの城も町も悲しみに暮れていた。
そんな中メイドのキラは、亡きシセル王妃が目の前に現れれば、パヴァン王は元気になるのでは?と考える。
アスカンタの昔話に願いを叶える話があったというキラ。
f:id:Zusioumaru:20150831181217j:image
エイトたちはその昔話をキラの祖母に聞き、願いの丘へとむかう。
そこでエイトたちは不思議な扉を開くことになるのだった。
 

 

 

扉の向こうは…不思議な町でした。
やばい超すげー!
f:id:Zusioumaru:20150831181603j:image
とってもきれいな場所だよね。
足元のタイルは月の満ち欠けをあらわしているんだよ。
f:id:Zusioumaru:20150831181756j:image
中にはイシュマウリと名乗る謎の男性が…。
…ってちょっと待ってくれ!
イシュマウリって女だと思っていたんだけど?!
声聞いた瞬間男でズコーってなったんすけどぉ…
いや確かに女にしては貧乳だとは思ってたけど、女性ボイスがくるとスタンバってたから、かなりショック…!
f:id:Zusioumaru:20150831182221j:image
イシュマウリはエイトたちの願いを靴に聞くという。
一瞬エイトの靴が光る…そして、

アスカンタ王が生きながら死者に会いたいと…そう願っていると?』

とイシュマウリは呟く。
f:id:Zusioumaru:20150831182421j:image
これには驚いたエイトたち。

イシュマウリは記憶をやどしているのはなにも人間だけではないという。

服も家も家具も空も大地も、みんな過ぎ行く日々を覚えている。
『死んだ人間を生き返らせることはできないが、チカラになることはできる』というイシュマウリ。
さっそくエイトたちについてきてくれることになった。
 
 
 
月の世界から出ると、直でアスカンタ城に送ってくれる。
ありがたいけど、願いの丘で写真とるの忘れちまったぜ…まあいいか。
アスカンタ城へ行くと、兵士もメイドも大臣も皆眠っていて妙に静かである。
これもイシュマウリのチカラなのだろうか?
しかし、ただひとり眠ることもせず、玉座で泣き続ける王の姿が…。
f:id:Zusioumaru:20150831183647j:image
イシュマウリはそっとハープを取り出し、音楽を奏で出した。
かつて、この部屋に刻まれた面影を、よみがえらせるために。
イシュマウリがハープを奏でると…
女性がぼんやりと浮かび上がってきた。
f:id:Zusioumaru:20150831184001j:image
シセル王妃。
2年前亡くなったパヴァン王の妻だった。
その瞬間つぎつぎと蘇る記憶。
f:id:Zusioumaru:20150831184113j:image
厳しいおふれを出したことを気にして落ち込むパヴァン王を励ましてくれたこと。
f:id:Zusioumaru:20150831184214j:image
宿屋で生まれた子犬の名前を一緒に考えたこと。
f:id:Zusioumaru:20150831184958j:image
シセル王妃の心が強かった理由。
それは亡き母親の存在だった。
昔は弱虫で泣き虫だったシセル。
彼女はいつも母親にはげまされていた。
母親が亡くなったとき、かなしくてさみしくて…でも、また弱虫に戻ったら、母親はほんとうにいなくなってしまう。
最初からいなかったのとおなじことになってしまう。
だから、励まされた言葉、母親が教えてくれたこと、その示す通りにがんばろうとシセルは決めた。
そうすればシセルの中に、いつでも母親は生きている。
f:id:Zusioumaru:20150831185026j:image
その瞬間、シセルと自分を重ねるパヴァン王。
シセルは亡き母をはげみにいつでも、優しく強くあろうとした。
本当は泣き虫だったのに。パヴァン王の前ですらも…。
パヴァン王もシセル王妃のように…
f:id:Zusioumaru:20150831185317j:image
アスカンタ城の屋上からみえる景色。
シセル王妃は美しいアスカンタが大好きだった。
f:id:Zusioumaru:20150831185419j:image
みんなが笑って暮らせるように。
それがシセル王妃の願いだった。
f:id:Zusioumaru:20150831185540j:image
そして…シセル王妃は静かに消えていったのだった…。
f:id:Zusioumaru:20150831185605j:image
シセル王妃が教えてくれたことがすべてパヴァン王に記憶されている。
パヴァン王の胸の中にシセルは生きている…!
長い長い悪夢から…パヴァン王は…アスカンタは…ようやく目が覚めたのだ!
 
 
 
うわああああーー!
号泣ぅぅうう!アスカンタやばい泣ける…。
ハンカチ片手にプレイしないとアカンよこれ…。
f:id:Zusioumaru:20150831185924j:image
黒い垂れ幕が外され…ついにアスカンタ城復活!
やー、よかったよかった!
f:id:Zusioumaru:20150831190013j:image
町の人たちもアスカンタ城を見上げながら思わず笑みがこぼれる。
黒い服…着なくなってよかったね。
町に活気が戻り、生き返った!
f:id:Zusioumaru:20150831190223j:image
パヴァン王の復活に一役買ったエイトたちは、王直々にもてなしを受ける。
どちらかというとメイドのキラとイシュマウリのおかげだけど、まあいっか!
パヴァン王はお礼に、何か困ったことがあればいつでもチカラになると約束してくれる。
王様と友だちになるエイトたちすげーわw
f:id:Zusioumaru:20150831190659j:image
よかった…キラにもちゃんとご褒美とお休みがもらえるみたい。
ちょっと安心した!
アスカンタ復活記念にパシャリ!
☆036 アスカンタ円筒城
入り口付近から城全体を撮影すればオッケー!
f:id:Zusioumaru:20150831191536j:image
垂れ幕が映るようにとるのがコツ。
☆小高い丘に
願いの丘で撮り忘れた風景を撮影。
f:id:Zusioumaru:20150831193355j:image
うーん。夜の方が雰囲気があって好きだったなあ。
とりあえずこれでアスカンタ周辺の写真クエストは終わり。
 
 
 
 
アスカンタ城を後にすると…
f:id:Zusioumaru:20150831211230j:image
いじけるトロデ王。
エイトたちは宴にお呼ばれしたにもかかわらず、トロデ王とミーティアは町にも入れず、モンスターの徘徊する寒空の下、夜を明かしてるわけだし…ちょっとかわいそうかもね。
まあ、いちばんかわいそうなのは意思疎通すらできないミーティアだけど。
落ち込むトロデ王に珍しくヤンガスが同情する。
f:id:Zusioumaru:20150831211502j:image
かつてヤンガスが住んでいた町に案内してくれるという。
その町の名前はパルミド
どんなよそ者でも受け入れるその町ならばトロデ王も入れるはずだそうだ。
さらにアスカンタでは残念ながらドルマゲスの情報は得られなかったので、パルミドの情報屋で情報収集してはどうかとヤンガスは提案する。
なるほど…ヤンガスにしてはいい提案!
てなわけで一行はパルミドを目指す!
パルミドアスカンタ城からずっと南へ道なりに向かう。
f:id:Zusioumaru:20150831211931j:image
パルミドへ行く途中、廃墟のようなへんな建物を発見する。
屋上へ向かうと…
f:id:Zusioumaru:20150831212017j:image
モリーというあやしげな男と出会う!
ただのミスターサタンじゃんとか言っちゃダメ!
エイトはモリーに才能を見出され、3枚のメモを渡される。
f:id:Zusioumaru:20150831212111j:image
そのメモに書かれているモンスターを倒し、モリーの元へ導いてくれないかと頼まれる。

スライム

f:id:Zusioumaru:20150831212231j:image
f:id:Zusioumaru:20150831212253j:image
プチアーノン
f:id:Zusioumaru:20150831212309j:image
たしかさまようよろいマイエラ修道院の近くで見かけた。
ほかは知らん。
とりあえず、これは後回しにしてパルミドへ向かおうか。
 
 
 
パルミドに到着したエイトたち。
やはり無法者が集まる町、パルミド
f:id:Zusioumaru:20150831212732j:image
トロデ王が町にはいっても咎めるものはいない。
気を良くしたトロデ王は酒場へ向かい、
エイトたちはしばらくトロデ王とは別行動をとり情報屋を探すことに。
パルミドは雑多な町でけっこう好きです。
誰でも受け入れるってのもいい。
でも実際にあったら犯罪者集団が集まる危険な町…こわくてぜったい住みたくない。
f:id:Zusioumaru:20150831221455j:image
情報屋へ行ってみるも…どうやら不在のようである。
仕方がなくトロデ王と合流するエイトたち。
f:id:Zusioumaru:20150831221718j:image
トロデ王は酒場で自分の姿を化け物にしたドルマゲスへの怒りや、婚約が決まっていた愛娘ミーティアを馬にされた悲しみを肴に、一杯やってました。
 
 
 
とそのとき!
突然外からミーティア姫の悲鳴が!
f:id:Zusioumaru:20150831221927j:image
急いで駆けつけるが間に合わず…ミーティアは忽然と姿を消していた。
と、ここでヤンガスが思い出したように、
『この町の連中は他人の過去や素性には無関心だが、他人の持ち物には関心がある』
と教えてくれる。
いまさら遅いよーー!
町のひとに話を聞きながら進んでいくと、
f:id:Zusioumaru:20150831222313j:image
酔いどれキントという奴が見張り台のほうに歩いていったという目撃情報が…
なにやらご機嫌だったらしい…なにかあやしい。
さっそく見張り台付近にある、狭い小屋に入ると…
f:id:Zusioumaru:20150831222517j:image
酔いどれキントを発見。
独り言を呟きながらお金を数えている。
どうやらミーティアを売って金に換えたようだ。
f:id:Zusioumaru:20150831222632j:image
姫を盗んだあげく、売り払ってしまったキントに怒り狂うトロデ王。
こんな奴切り捨ててしまえとエイトに命令する。
しかしヤンガスは冷静にトロデ王を止める。
『こんな奴斬ったって、兄貴の名が汚れるだけだ』
ヤンガスかっけー!
f:id:Zusioumaru:20150831222741j:image
キントは物乞い通りの闇商人ミーティアを売ったことをゲロる。
ヤンガスはその闇商人とは顔馴染みの間柄。
なんとかなるかもしれないという。
なんかパルミドに来てからヤンガスの株がうなぎ登りなんだけどw
 
 
 
闇商人のところには物乞い通りの酒場のカウンターから行ける。
f:id:Zusioumaru:20150831223102j:image
なんかこの感じ…かっこよくね?
ドラマとか漫画とかにあるかっこいいシーンじゃね?
カウンターの奥の扉に入ると…闇商人とご対面!
ただのモブの筋肉マスクやん。
でも闇商人だけあって顔を隠してるモブを選んだのかな?
f:id:Zusioumaru:20150831223241j:image
ヤンガスと闇商人はかなり親しい間柄のようだ。
闇商人は確かに酔いどれキントからミーティアを買ったという…。
しかし、問題はここからだった。
どうやらミーティアを買った人物は…
女盗賊ゲルダ!
f:id:Zusioumaru:20150831223510j:image
ヤンガスほどの元盗賊が名前を聞いて躊躇する。
それほど厄介な人物なのかだろうか。
だが、ヤンガスはゲルダのアジトを知っているあたり、どうやら知り合いのようである。
とにかくミーティアの行方を追って、エイトたちはゲルダのアジトへ向かうのだった!
 
 
 
 
以上!ここまで!
アスカンタ城が無事に終了。
ほんといい話だった。アスカンタってあんなに泣ける話だったっけ?
そしていよいよパルミドへ!
エイトたちはミーティアを取り戻すことができるのか?
 
 
 
おわり。