もってけ!ずしおうまる

モンハンが大好きな、へっぽこ大剣ハンターZushiの狩猟記録。他ゲー、アニメ、音楽、仕事の愚痴。持続性のない記事が多めです。呟き少なめのツイッター→@zushi1216

大逆転裁判:第5話 語られない物語の冒険 その1

ども!

ずしおうまるです。
ついに大逆転裁判も最終話に突入しました。
やっと終わりましたねー。
f:id:Zusioumaru:20150719221506j:image
最終話というだけあって長かった…。
最終話のホームズの推理小説のテーマはバスカヴィル家の犬。
中学校くらいのときに小説で読んだけど、ぜんぜん覚えてない。
犯人が崖だか沼だかに落ちて死んだことは、薄ぼんやりと…。
さて、それじゃあ最終話!行ってみよー!
 

 

 
 
『きたぞ!』
ホームズの鋭い声が、濃い霧の壁の向こうから聞こえてきた。
私は、霧のまとわりつく拳銃の撃鉄を起こして、息を潜めて待った。
f:id:Zusioumaru:20150719221515j:image
永遠とも思える静寂。そして…
“その瞬間”は突然訪れた。
霧の中から見たこともない、巨大な獣が私の目の前に躍り出たのだ。
それは確かに犬だった。
しかし明らかに尋常ではなかった。
目は煌々と燃え上がり、猛牛ほどもある体躯に、獰猛な青白い炎を纏っている。
地を這うような息遣いと、唸り声。
f:id:Zusioumaru:20150719221533j:image
わたしはあまりの恐怖に震え上がった。
『見たまえ、ワトソン!』
ホームズは魔獣を見すえて言い放った。
『こいつこそ…バスカビル家に代々伝わる、伝説の魔犬なのだ』
 
 
 
事件は深夜…ホームズ御用達の質屋で起こった。
質屋に預けられている保管庫。
そこで被害者は左肩から血を流し、倒れていた。
f:id:Zusioumaru:20150719220714j:image
撃たれたのは1発。弾丸は背後から撃たれており左肩から心臓に達しており、即死だったと思われる。
部屋に1つしかないトビラには内側から鍵がかかっていた。
その密室の部屋…遺体の隣には、スリの少女が拳銃を握りしめたままキゼツしていた…そして、服の内ポケットには保管庫の鍵がしまわれていたのだ。
龍ノ介、ホームズ、スサトが質屋へ駆けつけると怪しげな2人組の男たちを目撃する。
そのうちの1人が発砲。
その弾丸はホームズの腹に命中してしまうのだった…。
 
 
 
 
弁護人:成歩堂 龍ノ介
f:id:Zusioumaru:20150719220653j:image
大英帝国にやってきて2ヶ月か経過した。
ホームズの事務所の屋根裏でひっそりと事務所を開く。
事件当夜、龍ノ介とホームズの事務所に泊まっていたジーナがいなくなり、彼女を探すために、質屋に入り事件に遭遇する。
捜査していく中で、3話の殺人事件でジーナがメグンダルに協力して、偽証をしていたことが発覚する。
しかし、それでも親友、アソウギの信念を継ぎ、弁護士として依頼人のジーナを『信じる』ことを選ぶ。
 
 
 
法務助士:御琴羽 琴沙都
f:id:Zusioumaru:20150719215001j:image
龍ノ介の法務助士を務める。
生真面目で勉強熱心で優秀な女性。
アイリスの書いたシャーロック・ホームズシリーズの未発表小説『バスカビル家の犬』を、何故か知っていた。
父親の御琴羽教授が病に倒れたため、一時的に日本へ帰国することなる。
 
 
 
 
検事:バロック・バンジークス
f:id:Zusioumaru:20150719220640j:image
2ヶ月前に龍ノ介に無罪判決を勝ちとられて以降、裁判には出ていない。
前回の被告人夏目漱石は、とりあえず何事もなく日本に帰国できた模様。
今回の事件で再び法廷にあらわれる。
彼が法廷に戻ってきた理由は、龍ノ介と言葉を交わしたかったからである。
かつて、バンジークス検事が絶対の信頼を寄せ、裏切った日本人。
その正体を龍ノ介を通じて、確かめたかった…というが。
その人物とはいったい?
 
 
 
 
f:id:Zusioumaru:20150719214946j:image
子供のように無邪気な名探偵。
バイオリンがうまく弾けないと死にたくなる。
アイリスと一緒に発明品を作成しており、
現場にある血痕に向けて撃つと、血の色が変化し、その変化した色で誰の血痕かわかる。という…銃をつくったり。
ハッチの質屋には自動犯行記録装置を設置し、30分に1回店内の写真をとる…という装置を生み出している。
世間的には評価されていない発明である。
ハッチの質屋の常連客であり、大切なバイオリンやシャーロック・ホームズシリーズの未発表『バスカビル家の犬』の原稿を預けている。
アイリスに『バスカビル家の犬』の発表を止めるように促した。

その理由は明かされていないが、『いつかかならず話す』と約束する。

事件当時、ジーナを探しに龍ノ介たちと質屋に行き事件に遭遇。
不審な2人組に発砲され、重傷を負い、入院することになる。
 
 
 
 
 
天才少女:アイリス・ワトソン
f:id:Zusioumaru:20150719214928j:image
ホームズの同居人。
10歳にして医学博士号を持ち、娯楽雑誌に小説を連載していたり、ホームズと様々な発明品を開発したり、推理力・洞察力・観察力もホームズや龍ノ介レベルかそれ以上、まさに天才少女である。
発明品は漱石の飼っていた三毛猫の『ワガハイ』が外と室内を行き来できるように、一瞬でどこにでも猫用トビラを作れる『猫トビラ製造機』や、煙を撒き散らす『スモークランチャー・プロトタイプ』など、ちょっとズレた発明品が多い。
母親はアイリスが産まれてすぐ亡くなっている。
父親は第1話で亡くなったジョン.H.ワトソン博士。
アイリスは父親がすでに亡くなっていることを知らず、仕事の関係で遠くにいっている…と思っている。
ちなみに父親のワトソンはホームズの相棒であり、ホームズとの冒険の記録を残していた。
その記録を元にアイリスは『シャーロック・ホームズの冒険』を書き始める。
その内の1つが『バスカビル家の犬』
理由は不明だが、ホームズに『今この小説をゼッタイに発表してはいけない』と止められている。
スサト不在の法廷で、スサトの代わりに龍ノ介の隣に立った。
 
 
 
被害者:ハッチ
f:id:Zusioumaru:20150718154958j:image
質屋を経営している。
ロンドンの下町の市民にとって、質屋は銀行みたいなもの。
月曜日 商人たちは一番上等な上着と装飾品を、質屋で金にかえる。
その金を元手に1週間、商売をし、
土曜日に儲けたお金で質屋さんに返してもらう。
これがロンドンの質屋である。
ちなみにホームズも常連で、お気に入りのバイオリンを預けたり、アイリスの未発表小説『バスカビル家の犬』も、ハッチの店に預けていた。
お店に預けられている質草の管理は特にキッチリ行っており、万が一、何かあったらコメカミをピストルで撃ち抜く気でいる。自分の。
自殺用のピストルなので、シリンダーに弾は1発しか入っていない。
しかし、事件夜は店に進入してきたドロボー2人組に1人で応戦するパワーを見せつけ、自分のコメカミどころか、真犯人の左肩を銃弾で撃ち抜く勇敢さであった。
しかし、奮戦むなしく、保管庫に逃げ込もうとしたところを背後から撃たれ、死亡する。
 
 
 
刑事:トバイアス・グレグソン刑事
f:id:Zusioumaru:20150719220745j:image
娯楽雑誌に掲載されている小説シャーロック・ホームズシリーズにも登場する刑事。
厳格で生真面目。
小説内で、ホームズが一目おいている唯一の刑事という設定で登場しているため、ロンドンではファンクラブがあるほど人気。
そのうえ、給料もハネあがったが
アイリスの気分次第で、小説での自分の扱いが変わるのでは?と常に恐れている。
そのため彼女にはアタマが上がらず『お嬢』と呼び慕い敬意を表している。
この事件と並行して、ある重大事件を追っている。
 
 
 
金貸し:コゼニー・メグンダル(故)
f:id:Zusioumaru:20150719221150j:image
慈善家として有名だったが、その裏で弱いものから金を毟りとっていた最低の金貸しである。
第3話で無罪判決を勝ちとったのち、法廷で焼死。非業の死を遂げる。
じつは第3話の被害者三度焼きのモルターを殺害していた。
その場に居合わせたジーナに『イーストエンドの路地裏を潰すのは簡単だ』と脅しをかけ、口封じをしたあげく、法廷で偽証をさせた。
さらにジーナに、事件当日着ていた血塗れのコートの預り証を渡し、自分の代わりに持っているように指示していた。
 
 
 
 
 
被告人:ジーナ
f:id:Zusioumaru:20150719215023j:image
スリの少女。捨て子である。
孤児の集まるイーストエンドの路地裏で生活している。
イーストエンドでは小さな子の面倒は大きな子がみる。
ジーナは自分より小さな子どもたちのためにスリをしている。
事件当時はホームズと龍ノ介の事務所に泊まっていた。
未発表原稿の話をしたときに、 アイリスが、
『ホームズは本当にハッチの質屋に原稿を預けたのか?自分の知らないところに隠したのではないか?』と不安を吐露したのをきっかけに、アイリスのために深夜にハッチの店に忍び込んだ。
『バスカビル家の犬』が本当に預けられているのか確かめるために。
しかし、質屋で事件に巻き込まれ、密室で被害者の側で倒れていたことから、容疑者として逮捕されてしまう。
じつは3話で、メグンダルに脅されて偽証をしてしまった。
さらにメグンダルに、コートの預かり書を渡されており、預かり期限日が過ぎそうになった為、事件当日ハッチの質屋でコートを引き出した。
そしてそのコートから出てきたオルゴールのディスクを、高額で質入れしようとしていた。
 
 
 
証人1:ティンピラー兄弟
f:id:Zusioumaru:20150719220811j:image
職業は小悪党。
事件当夜、ハッチの質屋に偶然忍び込みドロボーをしようとしていた、と証言するあやしい二人組。
なにもとっていないし、事件とは無関係だと主張している。
ちなみにジーナが被害者を発砲したのを見たとも証言する。
事件の夜、突然龍ノ介たちが質屋に来たことに焦り、ホームズを撃ってしまう。
法廷終盤に真犯人とグルであったことが発覚する。
 
 
 
 
真犯人:ルバート・クログレイ
f:id:Zusioumaru:20150719220833j:image
ジーナの持っていたオルゴールのディスクとコートを奪おうとした、謎の紳士。
通信局の技師をやっている。
現場に残っていた血痕から彼に結びつき、法廷に呼ばれることになる。
貧しい村の出身でティンピラー兄弟とは幼馴染であった。
事件当夜、ティンピラー兄弟と共にあるものを盗むためにハッチの質屋に忍び込んでいた。
しかし店主のハッチに見つかり、ピストルで左腕を撃ち抜かれる。
そのとき現場に血が飛び散ってしまった。
その後、保管庫に逃げ込もうとしたハッチをピストルで撃ち、殺害してしまう。
実は3話の被害者、三度焼きのモルターは彼の父親である。
 
 
 
さて。
5話はまあ、長いし、いろんな情報が飛び交うので、登場人物について書き出すだけで精一杯ですね。
とりあえず、今回は登場人物のみまとめたので、次回事件の真相を書いていきます。
 
 
 
おわり。