もってけ!ずしおうまる

モンハンが大好きな、へっぽこ大剣ハンターZushiの狩猟記録。他ゲー、アニメ、音楽、仕事の愚痴。持続性のない記事が多めです。

FE if:主人公、婚活をした結果

 
 
ども!
ずしおうまるです。
前回から婚活に勤しむ主人公。
王族な上に、ぴゅあぴゅあはーとの持ち主、天然、超可愛い、めっちゃ強い、ドラゴンの血を引くチート…と、かなり優良物件であるため引く手は数多である。
今まで女主人公を選んだことに悔いはなかった…。
f:id:Zusioumaru:20150706110047j:image
が!野郎の告白シーンほどつまらないものはない。
 

 

 
野郎が頬を染めて、主人公に告白しているシーンをまとめ見したって楽しくないのだ。
どうせなら可愛い女の子に告白されたい。
アクアちゃん、サクラ、ヒノカお姉ちゃんに、カザハナ…。
今、はじめて女主人公にしたことに後悔を感じ始めている。
f:id:Zusioumaru:20150706105455p:image
『時計の針は元には戻らない。だが、自らの手で進めることはできる』
さっさと白夜をクリアして暗夜を男ではじめろ…と碇指令が申しております。
そうそうこの婚活ですが、じつは本編23章を終えた時点でやっています。
ブログではまだ20章までしかUpしてないことを忘れてました!
すいません^o^
今回22章で仲間になるキャラクターが登場しちゃうんですが、生暖かい目でゆるしてちょんまげ。
では…のこりの4人いってみようか。
 
 
 
エントリーナンバー6:タクミ
白夜王国の第2王子。主人公の弟。
最初こそ主人公にまったく心を開かなかったが、主人公とアクアに助けられてから態度が一変…ツンデレキャラに変わる。
f:id:Zusioumaru:20150705223751j:image
え?タクミ?結婚できんの?弟だよ?やばくない?
なんだか心配…きんしんそーかn…ゲフン!
いつものようにタクミと弓の練習をする主人公。
すると急にタクミが改まって…
『僕…あなたのことが好きになったみたいなんだ』 
「わあ、ありがとうございます。」
f:id:Zusioumaru:20150705224055j:image
この主人公の無邪気さ。
タクミがようやく心を開いてくれた!…くらいにしか思っていない。
姉と弟の関係だから仕方がないですが。
『姉さんとしてじゃなく女性として好きだってことだよ』
弟に告られて同様する主人公…あたりめーですわ。
するとタクミから衝撃的な事実が明かされます。
『僕たちきょうだいと姉さんには…血のつながりがないんだ。
あなたは父上の子じゃない』 
エート…どこかツッコミを入れたらいいのでしょうか?
タクミくんが言うには、主人公はミコトの連れ子だったので、スメラギ王と血のつながりがなかったようです。
…まじでか(・Д・)
ちなみに本当の父親が誰なのかは不明。
『本当のことを言おうか迷ったんだ…だって告げてしまったらもう僕たちはきょうだいには戻れない。
でも僕は…言わずに一生弟の顔をして生きていくなんて耐えられなかった。
そんなの、死んだほうがマシだよ』
…血は繋がってないけれど、心情的には弟だもの。
きちんと指輪も用意しているあたり、本気を感じますが。
告白した勇気と根性は賞賛に値しますが、弟という設定は揺るがないんだよなあ。
 
 
 
 
エントリーナンバー7:ニシキ
無邪気でナルシストな妖狐。
趣味は人に受けた恩を返してまわること。狩りが上手だったり、直感で罠を避けられたり、誰にでも親切だったりとかなりハイスペックな狐。
f:id:Zusioumaru:20150705232621j:image
万華鏡を使って告るなんて…あざとい!
おー、嫌いじゃないぜ!こーいうの。
『万華鏡ってさ、色んな模様が見えるだろう?それを見てボクはまるでキミみたいだなと思ったんだ』
おー!!クサいセリフw
f:id:Zusioumaru:20150706000548j:image
『ころころと表情の変わるキミの顔がとても面白くて…とっても綺麗だったんだよ。
あれからずっとボクは…キミのことが好きだと思ってる』
可愛いだの大好きだの万華鏡みたいだのと、褒めちぎっても嫌味に聞こえないのがすごい。
ハッ!待てよ…?
すごいこと思いつきました!
彼と結婚すれば耳の生えた可愛い子どもが…ゲフン!
 
 
 
 
エントリーナンバー8:リョウマ
白夜王国第1王子。剣の腕前も達人レベル、さらに他国の土地や情勢にも詳しく、まさに文武両道な兄。ちょっと生真面目すぎる部分もある。
f:id:Zusioumaru:20150705235512j:image
タクミでワンクッションあったのでもう驚かないが、リョウマもまた主人公と血の繋がりがないことを打ち明ける。
『俺はお前をきょうだいとしてではなく、女性として愛している。
俺はこの気持ちに嘘などつけない。
これ以上お前に嘘をつき続けて生きることなんてできないんだ…』
f:id:Zusioumaru:20150706000527j:image
おぉ…さすがリョウマ兄さん、実に清々しい。
無条件にかっこいいよなぁ、リョウマは。
『お前の隣には俺が立っていたい。他の男に譲るつもりはないぞ』
すごく…超男らしいです。
ずっとキメ顔だったのに、最後の最後で頬を赤らめちゃうとこは、すごくいいと思いました。
だが、やっぱり心情的にはお兄ちゃんだもんなぁ…ほんと悩ましい。
タクミと同様にきちんと指輪を用意してくる。
血は争えない。
 
 
 
 
エントリーナンバー9:アシュラ
かつて滅びたコウガ公国の生き残り。孤独を愛する渋いおじさん。ちなみに愛用武器は弓。後方へ回転しながら射つ、2射目が妙にかっこいい。
f:id:Zusioumaru:20150706001012j:image
主人公に夢はあるか?と問うアシュラ。
アシュラの夢は…
『1つはコウガ公国の再建の夢…この夢は俺に前に進むための力を与えてくれる。
しかし…もう1つの夢が俺を苦しめる。
決して叶わないとわかっている夢だから…。
それなのに、俺はその夢をあきらめることができない』
ざわ…ざわ…。何となく言いたいことが見えてきたぞ。
が、主人公はこんなところでド天然ぶりを発揮し、一人では叶わない夢でも、共に同じ夢を見る人がいれば…もしかしたら叶うかもしれませんよ?』などと言い出す。
あぁぁ…それは地雷やで。あかんやつやで…。
f:id:Zusioumaru:20150706001631j:image
『私などはどうでしょうか?ぜひ協力させてください』
ちょっ!主人公もうだまって!空気読んで!
そしてここでようやくアシュラに、そういえばもう1つの夢ってなんですか?と聞く。
先に聞けや!
ボケてる主人公に何も言わず、アシュラはそっと指輪を差し出す。
『あなたと結婚して一緒に人生を歩む。それが俺の…もう1つの夢だ。
俺はさ…あんたが好きなんだよ。
俺と共に夢を見てくれ』
かっけー!渋い!大人すぎるぅ!アニキィ!
個人的にアシュラの渋さがたまらなく好きだったからこれはいいね。
 
 
 
 
以上!
9名でした!
 
 
 
 
 
ここまでやっといてあれだけど!
ごめんっ!答えが出ない!
f:id:Zusioumaru:20150706112905j:image
ゆるしてちょんまげっ!
いやさぁ…だってさぁ…みんなすげーいいやつだから、簡単に決められないですやん?
 
 
 
 
いやいっそ、他のキャラクター同士を結婚させて…主人公はあまったキャラクターに結婚してもらおうかなぁなどと考え始めました。
たぶん、他キャラクターの相手を選んでいくうちに、主人公と本気でくっつけたいキャラクターは無意識に結婚を避けさせると思うんですよね。
…てことはあまったキャラクターこそが、真の勇者なんだ!たぶん。
ごめん。主人公…結婚はちょっと待ってね。
ゲームのキャラの結婚にここまでガチで悩んでるあたり、リアルはお察しである。
 
 
 
おわり。