読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もってけ!ずしおうまる

モンハンが大好きな、へっぽこ大剣ハンターZushiの狩猟記録。他ゲー、アニメ、音楽、仕事の愚痴。持続性のない記事が多めです。呟き少なめのツイッター→@zushi1216

FE if:主人公、婚活を始める。

 
 
ども!
ずしおうまるです。
もう物語もラストスパートだと言うのに、我が軍は誰ひとりととして結婚していません。
いいだよ!健全なる精神は健全なる肉体にやどるんだから。
でもさ…なんて寂しい軍なのかしら…。
いいんですー!うちの職場は公私混同しないんですー!
f:id:Zusioumaru:20150705193647j:image
が。フラグは馬鹿みたいに乱立している…!
みんな結婚したくてしたくて震える軍みたいになってるw

 

 
みなさん、結婚ってどうしてるんですか?
イケメンだからこいつにしよーとか、この子かわいいから嫁にしよーとか、結構てきとうに直感で選んでるんでしょうか。
わたしはめちゃくちゃ悩みまくっているんですが。
ゲームのキャラとはいえ、顔がかっこいいからという理由で簡単に選べないし、
テキトーに余ったキャラ同士でくっつけるなんてあり得ないし、
キャラクターの相性や会話や雰囲気を考慮して、この子なら、いや、でももっと似合うカップルがいるんじゃ…とか考えてたら、まあ、誰も結婚できなくなったよね。
とりあえず今のところ主人公と支援Sになれるキャラクターは、
ジョーカー、スズカゼ、ツバキ、サイラス、サイゾウ、ヒナタ、タクミ、ニシキ、リョウマ、アシュラ…計10名。
残念ながら残りのイザナ、ユキムラ、ツクヨミはあんまり興味がないので却下しました。
やっぱり主人公は可愛くキャラメイクしたし、思い入れがあるからね、そんじょそこらのひ弱った男には任せられないですよ。
とりあえずセーブして…。
いちばん男らしく素敵に告白した男と結婚させる。
主人公の反応も加点ポイント!
ジョーカーは一度支援会話を見たので、彼以外のキャラクターを見てみます。
 
 
 
 
 
エントリーナンバー1:スズカゼ
白夜の王族の誰にも仕えていなかったが、主人公が白夜に帰ってからは主人公に忠誠を誓ったイケメン忍者。サイゾウの双子の弟である。似てない。
f:id:Zusioumaru:20150705194903j:image
『あなたのことをお慕いしています』
直球だが言い回しが丁寧なあたり、スズカゼらしくて好感触!
『これからは共に人生を歩む者としてあなたを守っていきたいのです。
私にとってあなたは人生を賭して守る存在となりました。
この命にかえてもあなたをお守りする…その誓いに偽りはありません。
ですが、今はあなたと共に生きたいという思いが強いのです』
なんだ、ただのイケメンです。
誠実なスズカゼらしいセリフ。
ファッ?!主人公が泣き出した!
f:id:Zusioumaru:20150705195946j:image
え?泣くほど嬉しかったの?
これってガチで好きなんですかね?
公式っすか?
『あなたと一緒にいたい…私もスズカゼさんのこと、大好きです』
初っぱなから告白されて嬉し泣きしてる主人公ちゃん。
早くも、もうスズカゼでいんじゃね?って気がしてきた。
 
 
 
 
エントリーナンバー2:ツバキ
サクラの従者であり、妙に完璧主義な青年。喋り方は軽いノリである。
我が軍のツバキは序盤の戦闘面で活躍して以降、ベンチ要員と化している。
f:id:Zusioumaru:20150705200455j:image
主人公に、相談があるんです…からの?
『俺はこの世であなたがいちばん大切なんです。
どうか俺と…結婚してくれませんか?』
唐突すぎて…困惑。
いきなりどうしたコイツ状態である。
しかし言いたいことをハッキリ言っている点は高評価。
『驚くのも無理ないですよね…俺はこの想いを完璧に隠してましたから』
お、おう…むしろ意味不明な切り出し方でびびりました。
f:id:Zusioumaru:20150705220600j:image
『あなたになら、俺は全てをさらけ出せる。
完璧じゃない俺でいられるんです。
弱みをみせても親身になって共にいてくれる…そんなあなたこそ、俺には必要なんですよ』
弱みをみせられる…これはいいですね。
主人公もアッサリ承諾。
ちょっとスタートが危うかったが締めるとこは締めていて、完璧主義者なツバキらしい!
 
 
 
 
エントリーナンバー3:サイラス
幼い頃から主人公と友情を育んできた大親友。主人公は彼を忘れていたが、決してその事を咎めず、変わらずに主人公を慕い続ける、懐の深い好青年である。
f:id:Zusioumaru:20150705215141j:image
『小さい頃よりもずっと…綺麗になったと…思ってたんだ
f:id:Zusioumaru:20150705215256j:image
一目惚れ!いいですね!
やっぱり幼馴染み設定は素晴らしい破壊力です。
バーローと蘭姉ちゃんの関係的なね。
『お前が俺を恋愛対象として見られないなら、せめて…親友のままでいさせてほしい。
どんな形でもいいから、お前の傍にいたいんだ』
こいつはほんといいやつですよ。 
フツー振られたら親友でいることすらつらくて、難しいはず。
それでも親友でいたいとハッキリ言える彼は、ガチで主人公ちゃんが大切なんだと思います。
そして…主人公は。
『サイラスさんのことは覚えていませんでしたが。何故かその姿に目を奪われていました。
今思えばあの時私も一目惚れしていたのかもしれません』
おめでとーー!You達結婚しちゃいなよ!
一目惚れ同士幸せになんなよ!
 
 
 
 
エントリーナンバー4:サイゾウ
リョウマの従者であるが、暗夜王国から来た主人公を内心では快く思っていなかった。スズカゼの双子の兄である。ちなみに元カノは同じくリョウマの従者であるカゲロウ。
f:id:Zusioumaru:20150705214833j:image
今まで主人公を疑って監視しまくっていたサイゾウだが、突然主人公に謝罪をし、もう監視しないと誓う…そして。
『好いた相手に嫌われるのは…耐えられないからな』
おぉ…今まで疑いまくっていたサイゾウが心を開いた。
なんかこれはこれでイイですね。
『俺はお前の姿を追っているうちに気づいた…お前が本当に仲間思いの人物だと。
心の底から世界の平和を願い、戦いに身を投じているのだということも。
その姿を見てお前と戦ってやりたいと思った…お前の傍にいたいとおもったんだ…』
f:id:Zusioumaru:20150705215009j:image
サイゾオォ!あえてかっこつけたことを言わないとこが素晴らしい。
飾らない感じがサイゾウらしいです。
最終的に主人公に『恋人として傍にいてくれませんか?』と逆に告白させちゃうとこもマジでイカした兄貴である。
 
 
 
 
エントリナンバー5:ヒナタ
タクミの従者である。剣の道をひたむきに走る熱血漢。だれに対しても、きさくに接するいいやつである。昔剣の勝負でタクミに負けたことがある。
f:id:Zusioumaru:20150705213433j:image
『俺に守らせてください!』
ヒナタ…直球キャラに見せかけて、やや変化球できたか。
しかし、鈍感なことに定評のある主人公はこれで気づくのか?
『俺を一人の男として、傍にいさせてください!』
f:id:Zusioumaru:20150705213734j:image
主人公…お姫様扱いされて頬を赤らめるが後半部分を聞いていない。
『心底惚れたお姫様を守れねえなんて、侍の風上にもおけないからな!』
ここでようやく守らせてくださいの意味を理解する。ワンテンポ遅い主人公である。
そのあとは顔を真っ赤にしている主人公に『期待しちゃってもいいのか?』というヒナタ。
照れながら『はい…』と答える主人公。
なんかこのほのぼのした初々しいかんじ…学生っぽくて青春を感じさせます。
 
 
 
 
とりあえず、長くなりそうなので、今回はここまでにしますね。
個人的にはサイゾウの告白の仕方が自然でいいなぁと思いました。
あとはサイラス。彼は人間的にいいヤツすぎます。
もし主人公の恋愛対象になれなかったとしても、側にいたい、親友でいたいという。
恋愛対象として以上に、純粋にひととして主人公が好きなのでしょう。
あとは、スズカゼ。
これは公式なんですかね?
告白されて主人公が泣いたのはスズカゼのときだけなんですよね。
つーか、告白シーンばっかり見ていると、自分が言われてるわけじゃないのに、何だか恥ずかしくて、いたたまれなくなります。
乙女ゲーやギャルゲーをやる心理がまったく理解できなかったけど、このこそばゆい感じがいいのでしょうか。
なんかムズムズして落ち着きませんw
 
 
 
終わり。