読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もってけ!ずしおうまる

モンハンが大好きな、へっぽこ大剣ハンターZushiの狩猟記録。他ゲー、アニメ、音楽、仕事の愚痴。持続性のない記事が多めです。呟き少なめのツイッター→@zushi1216

FE if:白夜14章『柔く光り散りて』

ファイアーエムブレム if
 
 
 
ども!
ずしおうまるです。
ついに道具屋さんや武器屋さんがレベル2になりましたこれは…ガチで嬉しい。
f:id:Zusioumaru:20150702211505j:image
ずっとしょっぱい商売していたからね、うちの城は。
鋼関連の武器が買えるようになって鉄武器で我慢していた仲間も、いい武器が使えるようになったよ!
 

 

 
ほんじゃ14章に行ってみましょーか!
f:id:Zusioumaru:20150702211812j:image
反乱軍の隠れ家からスタート。
白夜のきょうだい達はリョウマとの再会を心から喜びます。
何気に仲間にできるのが遅いせいか、きょうだい達の中でも地味キャラっぽいリョウマ。
f:id:Zusioumaru:20150702212206j:image
クリムゾンはリョウマが王族だって知らなかったようです。
リョウマは例え反乱軍と言えど、白夜王国の王族を快く思わない者もいるだろうと考え、今まで黙っていたっぽい。
クリムゾンも実は白夜王国とは、彼女の祖父が国王陛下にお仕えした関係だった模様。
f:id:Zusioumaru:20150702212553j:image
そんな彼女が白夜王国の王族と出会い、一緒に戦うのは運命的なものを感じるよねー。
 
 
 
主人公はリョウマになぜ反乱軍にいたのか?と問いかけます。
f:id:Zusioumaru:20150702212724j:image
リョウマは、白夜の領内にも、暗夜側についている国や部族がいると聞いていたため、ならばこちらも暗夜の領内に味方をつくるべきだと考えたようです。
そんなときシュヴァリエに反乱軍が活動しているという情報を得たため、暗夜に渡り反乱軍に潜入し、味方をつける機会を窺っていたようである。
f:id:Zusioumaru:20150702213026j:image
さすが、第一王子…頭いいなあ。
 
 
 
反乱軍も白夜王国に協力してくれるようだしね。
f:id:Zusioumaru:20150702213312j:image
クリムゾンは言います。
昔のシュヴァリエは誇り高い武術国家だった。
暗夜王国、白夜王国問わず、優秀な騎士を輩出していたが、暗夜王国の支配が強くなってからは、自由な騎士の育成ができなくなってしまった…と。
クリムゾンはまた自由なシュヴァリエを取り戻したいんだろうなぁ。
てなわけでクリムゾン加入。
クリムゾンはドラゴンマスターです。
また上級職だからレベルあげが大変そうだなあ。
 
 
そして…またここにも暗夜王国軍の追っ手があらわれる。
クリムゾンは反乱軍の隠れ家がバレるはずがないと動揺します。
f:id:Zusioumaru:20150702214008j:image
しかしアクアは『もしかすると、私たちの中に敵に通じているものがいるかも…?』と言います。
また内通者?
でも今回はゾーラみたいにあからさまに怪しい仲間はいないし…。
いちばん怪しい…というか、いちばん謎が多いのはアクアだけど…。
でも…それだけは絶対信じたくない………。
f:id:Zusioumaru:20150702214511j:image
リョウマはもう、このままこの隠れ家を捨てよう、と言います。
そして暗夜王国に行くのはどうか、と提案するのだった。
このまま逃げ回っていても拉致があかないし、いずれ乗り込まなければ戦争は終わらない…と。
さっすがリョウマの兄貴ぃぃい!
影が薄いとか言ってごめん!めっちゃかっけえ!
あんたは真の男やで!
 
 
 
隠れ家の地下には、暗夜王国の国境があるそうだ。
今まで使っていなかったみたいだが、ついに使う時がきた。
f:id:Zusioumaru:20150702215018j:image
地下を抜けると…すごい敵の数…。
主人公は仲間たちに、ここからは何が起こるかわからない。ここで抜けたいというなら止めない…と言います。
しかし誰一人として抜ける者はいなかった。
皆戦う覚悟でここへ来ているのだから当然…!
ベタだけどこういう熱い展開は大好きだぜ!
いざ!暗夜王国へ。
 
 
 
と、ここで戦闘スタート。
今回のフィールドは門の外側からスタートする。
f:id:Zusioumaru:20150702215350j:image
門を守っているアノワ達を倒した後、門に入ると入り口付近に龍脈がいくつかある。
この龍脈は地震のようなものを引き起こし、門内にいる敵全員に10くらいのダメージをあたえる。
ちなみにこの龍脈、門内に仲間がいるときに使っても仲間は一切ダメージが入らないので安心して使える。
龍脈を使ってガンガン攻めたいなら、主人公、リョウマ、サクラ、ヒノカ、タクミをパーティーに入れるといいかも。
f:id:Zusioumaru:20150702215944j:image
ボスはダニエラ。とかいうやつ。
すでに龍脈でダメージを与えまくっているので、たどり着く頃にはすでに瀕死。
f:id:Zusioumaru:20150702220120j:image
はい、しゅーりょー!
ついに暗夜王国内に侵入した主人公たち。
f:id:Zusioumaru:20150702220159j:image
暗夜の地理は偵察済みというリョウマ。
もうこのひと仕事早すぎ。完璧すぎる。
主人公一行はひとまず、休養をはかることになった。
 
 
 
夜…眠れない主人公。
海をみながらぼんやりしていると…
f:id:Zusioumaru:20150702220412j:image
砂浜をひとりで歩くアクアの姿をみつける。
ミューズ公国で体調を崩していたこともあり、心配になり後をつける主人公。
f:id:Zusioumaru:20150702220551j:image
水辺であの歌をうたうアクア。
主人公は静かにアクアに声をかける。
f:id:Zusioumaru:20150702220708j:image
そしてアクアに今まで疑問をぶつける。
あの歌について、だ。
フウマ公国で操られたタクミをアクアはあの歌で正気に戻した。
そしてミューズ公国でショーに出たとき、アクアが歌っているあいだだけは暗夜軍の動きは鈍っていた。
f:id:Zusioumaru:20150702220932j:image
アクアは主人公の疑問には答えず『あなたには関係ない』と一蹴してしまいます。
しかし主人公も今回ばかりは食い下がる。
はぐらかさないで欲しい。
仲間なのに、隠し事をするなんて寂しい、と
アクアに訴えます。
 
 
 
その瞬間突然苦しみ出すアクア。
f:id:Zusioumaru:20150702221226j:image
腕が紫色に変色しだした…!
f:id:Zusioumaru:20150702221320j:image
そしてそれは徐々に全身へと向かっていく。
f:id:Zusioumaru:20150702221412j:image
これやばくね?ベトベターみたいなのが全身に…。
 
 
 
これはいったい何なのか?と問いかける主人公。
アクアは『呪い』だ、と答えます。
アクアはある特殊な血を継いでいるそうだ。
ん?でもアクアは暗夜王国のガロンの娘だよね?
暗夜王国のきょうだいたちの中に歌をうたうひとはいないし…。
もしかして特殊な血とは母親のほうの血なのだろうか。
ってことはマークスやレオン、エリーゼやカミラとアクアは母親が違うということか?
それとも主人公みたいに竜の血を色濃く継いでしまっているのか?
f:id:Zusioumaru:20150702221943j:image
みんなを励ます歌はいくらうたってもだいじょうぶなようだが、あの歌を歌うときだけペンダントを媒介にして特別な力を使える。という。
その力こそが操られているひとを正気に戻せる力。なのだそうだ。
しかしここで、疑問なのがミューズ公国のショーでアクアがこの歌をうたったとき、ガロン王が苦しんでいたように見えたこと。
もしかして…ガロンも何者かに操られている…?
f:id:Zusioumaru:20150702222440j:image
力を使えば使うほどアクアに呪いが降りかかる。という。
…その割には主人公と出会ったときもガンガン歌っていたし、今さっきも歌っていたじゃん。Mなの?と突っ込んではいけない。
 
 
 
 
主人公はアクアに、このことを知っていたらアクアに力を使わせなかった…と嘆きます。
f:id:Zusioumaru:20150702222857j:image
だが、アクアはあの歌をうたわなければガロン王を倒すことはできない、という。
このことから考えられるのって…やっぱりガロンも操られているんじゃないかってことだけど…アクアは何か知ってるでしょー、焦らさないで教えてよぅ!
f:id:Zusioumaru:20150702223140j:image
心配する主人公を安心させるかのように、
『別に死ぬわけじゃないから平気』というアクア。
おまっ!それ死亡フラグ建ててるよ!やばいよ!
f:id:Zusioumaru:20150702223536j:image
『わかりました』じゃねぇよ主人公!止めろや!
アクアが死んじゃうかもしれないんだよおぉぉぉお!
 
 
 
 
てなわけで14章終了。
暗夜王国に乗り込んだものの…アクアの力の代償が呪い…だなんて。
タクミを助けた後より苦しそうだったし、これやばいんじゃない。
アクア可愛いから退場したらだめだよ。
なんだか先行きが不安になってきた。
 
 
 
おわり。