読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もってけ!ずしおうまる

モンハンが大好きな、へっぽこ大剣ハンターZushiの狩猟記録。他ゲー、アニメ、音楽、仕事の愚痴。持続性のない記事が多めです。呟き少なめのツイッター→@zushi1216

FE if:白夜12章『楽園の再開』

 
ども!
ずしおうまるです。
前回リョウマの行方を追って、海に出た主人公たち。
しかし海面から謎の兵士が現れ戦闘となる。
f:id:Zusioumaru:20150701105621j:image
なんとか兵士たちを撃退し、つぎの目的地をめざすのであった!
 

 

 
はい12章!
f:id:Zusioumaru:20150701110040j:image
主人公たちはリョウマを追ってシュヴァリエ公国をめざす。
今回到着したのはミューズ公国の領地の港町アミュージアという場所だ。
ミューズ公国もイズモ公国と同様に中立国である。
そこで出会ったのが妖狐のニシキ。
f:id:Zusioumaru:20150701110234j:image
彼は人間が大好きで、ひとから受けたを恩を返しながら旅をしているようだ。
爽やかイケメン獣。
戦闘中は狐に変身できるようです。
会話後、彼は仲間に入ってくれます。
 
 
 
ニシキは主人公たちにある人物を助けたいのだと話します。
そのある人物はララという歌姫。
f:id:Zusioumaru:20150701110529j:image
彼女は母が病気で死の床にあると連絡があり、一刻も早くかけつけたいそうだ。
しかしガロン王が今晩ショーに来るため、帰ることを許してもらえなかった…。
ガロン王。あの暗夜の王がここに来ているのか…。
ここでアクアが『わたしが代わりに歌うわ』と提案をだす。
代わりに歌うといっても、ララは有名な歌姫…さらにガロン王もララをとても気に入っているため、すぐにバレてしまう。
てゆーかガロン王はアクアの父親だし、気づいたらやばくね?
f:id:Zusioumaru:20150701110914j:image
だが、アクアは、ゾーラの幻影魔法でガロン王や暗夜軍には、アクアの姿がララに見えるようにして歌うと告げた。
f:id:Zusioumaru:20150701111734j:image
アクアが歌っている隙にガロンを拘束する作戦である。
ゾーラに頼るのはめちゃくちゃ心配だけど…
とりあえずガロン王捕獲作戦である。
 
 
 
ララのステージを見に、ガロンと共に暗夜王国に残した妹…エリーゼも来ていた。
f:id:Zusioumaru:20150701111946j:image
エリーゼ…心なしか元気がないようにも見えます。
主人公がいなくなった寂しさか…。
もしくは暗夜王国で起こっている内乱がきっかけなのか…たぶんどっちも?
f:id:Zusioumaru:20150701112420j:image
ステージに立ち歌い出すアクア。
アクアが歌ったのは…イザナ公王の占いとおなじ歌詞の部分。
それにしてもアクアは出会ってからも、主人公がドラゴンになったときも、そして今も、この歌をうたい続けている。
この歌の意味は何なのか、アクアは知っているんじゃあないだろうか。 
なんだか歌っているアクアが心なしか悲しそうなのは気のせい?
f:id:Zusioumaru:20150701113246j:image
アクアの歌を聞くガロン王。
なぜか苦しんでいるようにも見えるけど。
やっぱりこの歌の効果はザラキか?
 
 
 
 
しかしガロン王は一枚も二枚も上手であった。
主人公たちが奇襲を仕掛ける前にすでに大量の兵士を忍ばせていたのだ。
なぜガロン王は主人公たちの作戦がわかったのか…?
f:id:Zusioumaru:20150701113806j:image
それは…ゾーラがやはりスパイだったからである。
ナンテコッター!
というか、やっぱり…って感じだったが。
しかしゾーラは『主人公を許してもらえないだろうか』とガロン王に懇願します。
ゾーラが言った、主人公に助けてもらって変われたのだ、という言葉に嘘はなかった…ということか。 
が…ガロン王はゾーラの言葉に耳を貸すことはなかった。
それどころか。
f:id:Zusioumaru:20150701114204j:image
ゾーラをあっけなく殺害!
…さすが吐き気をもよおす邪悪!
 
 
 
怒りに震える主人公!
戦闘開始!
f:id:Zusioumaru:20150701114352j:image
今回のフィールドは最初は小舟の足場しかないため、行動範囲が狭い。
だが、飛行タイプのヒノカやツバキやユウナギは関係なしにフィールドのあちこちに行けるので、1人は戦闘に加えておくと移動しやすい。
ところどころで上級職っぽい敵がいるため、ゴリ押しではややキツイか。
確実に弱点で攻撃したいところ。
龍脈は水辺を凍らせて、行動範囲を広げることができるが、敵の行動範囲も広がるため諸刃の剣になるため、使うときは慎重な判断が必要。
また、途中で上のほうに撤退ポイントが出る。
そこに主人公がたどり着けばステージクリアとなるため、できるだけ主人公を上のほうに配置しておくと、すぐに撤退できる。
 
 
 
ちなみにガロンとも戦えるが現時点で勝利するのはかなり難しい。
f:id:Zusioumaru:20150701115240j:image
レベル30とむちゃくちゃ強い。
が、フェニックスモードなら仲間がガンガン生き返るので、1〜3くらいのダメージをちまちま与えていけばいずれ倒せる。
f:id:Zusioumaru:20150701115455j:image
こんな感じで悪態をつきながら撤退していく。
どうしても倒してみたいなら粘ってもいいと思うけど、フェニックスモード以外は絶対にオススメしない。
 
 
さらにマークスまで登場。
f:id:Zusioumaru:20150701115727j:image
良きお兄ちゃんだったマークスが、主人公をゴキブリを見るような目で見ている。
もう仲の良かった兄妹にはもどれないのだろうか。
f:id:Zusioumaru:20150701115910j:image
お兄ちゃんのばか!もう知らない!
マークスはレベル5くらいだけど強い。
ガロン王ほどじゃあないけど。
何気に従者も連れているんだけど、マークスの従者はそこまで強くない。
f:id:Zusioumaru:20150701120050j:image
フィールドが綺麗になったところで、主人公を撤退させて、ステージをクリア!
 
 
 
主人公たちは暗夜軍を振り切り、撤退をはかる。
が、暗夜王国に残した兄マークスが追ってきた。
f:id:Zusioumaru:20150701120206j:image
『お前が裏切ったあの日から…お前はこの私が倒すと決めていた!』
頑固な兄貴め…。
ちょっとは話を聞いてからとかそういう考えにはならんのか。
主人公を殺そうと刃を向けるマークス!
しかし…
f:id:Zusioumaru:20150701120432j:image
主人公とマークスのあいだに割って入るエリーゼ
『どけ』と言うマークスに『行きたいなら私を斬ってから行けばいいわ!』と叫ぶエリーゼ
うわぁぁああん!なんていい妹なのぉ?!
やっぱり妹は正義!
エリーゼ…仲間になっておくれぇえぇ!
白夜編を選んだことをはじめて後悔した瞬間だった。
かわいくて健気なエリーゼに後ろ髪をひかれる思いで撤退する主人公たち。
エリーゼなら話せばわかってくれる気がする。
糞真面目なお兄ちゃんと違って。
そして主人公はついに、
『マークス兄さんとはいつか決着をつけなくてはならない時がくる…』
と覚悟を決めるのだった。
 
 
 
撤退後仲間と休んでいるとアクアが見当たらない。
主人公はアクアを探し、声をかけるが…
f:id:Zusioumaru:20150701120940j:image
突然苦しみ、倒れるアクア!
慌てて主人公は駆け寄る。
サクラを呼ぼうとするが、アクアは頑なに拒否する。
f:id:Zusioumaru:20150701121246j:image
やっぱりあの歌をうたったのが原因?
タクミを助けたときも歌い終えた後、疲れていたようだったし。
アクアは何事もなかったかのように先を急ごうと言うが、やっぱり心配…。
でも、主人公と出会う前から歌っていたみたいだし、あの歌自体のせいではないと思うが…。
誰かのために歌ったり、悪い奴に歌うとエネルギーを消費しちゃうとか?そゆこと?
ちょっとまだわからないな…。
とりあえず、12章はここまで。
 
 
 
 
なんだか、謎ばっかり残っているけど、そろそろちょっとずつ解決してほしいな。
エリーゼを仲間にしたいけど、やっぱり白夜編じゃ無理かしら。
あの子と敵対するのはつらすぎる…。
 
 
 
おわり。