読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もってけ!ずしおうまる

モンハンが大好きな、へっぽこ大剣ハンターZushiの狩猟記録。他ゲー、アニメ、音楽、仕事の愚痴。持続性のない記事が多めです。呟き少なめのツイッター→@zushi1216

FE if:白夜7章 『寄り集まる心』

ファイアーエムブレム if
 
ども!
ずしおうまるです。
今回はストーリーを進めるべく7章をやっていきます。
ようやく戦闘には慣れてきたけど、スズカゼさんがやたら死んでいきます。もう3回ほど死にました。
f:id:Zusioumaru:20150627095739j:image 
けれどフェニックスモードだからすぐ生き返るので、安心。
忍者だから戦闘中一瞬で消えたりして、超かっこいいんだけど、いかんせん防御が紙だからな…。
とりあえずフィールドで遭遇戦が2つあったので、この2つをクリア。
 

 

 
 
一方、主人公は妹のサクラをマイルームに招き入れていた…
f:id:Zusioumaru:20150627100024j:image
サクラ…ハァハァ…。
かわいいよ…ハァハァ…ハァハァ。 
 
 
 
うあぁぁぁあ!( ゚д゚)!!
 
 
 
 
なんて気持ち悪い姉なんだぁぁぁorz
f:id:Zusioumaru:20170111183715j:image
なんでだろう。ポケモンだと、めちゃくちゃほのぼのするのに!!
f:id:Zusioumaru:20150627100506p:image
人間相手だとやけに生々しい!
救いなのは首から下は触れないところだけど…。
いやいや触れたらただのエロゲーだが…。
 
 
 
き、気を取り直して7章へ突入。
f:id:Zusioumaru:20150627101118j:image
暗夜王国の策略で民の多くは重傷を負っていました。
直接的にではないにしろ、主人公のもちこんだ魔剣が原因なので、かなり心が痛みます。
ここではサクラが中心となって、民たちの治療を行っています。
アクアと主人公もその手伝いにきました。
そこで出会ったのがカザハナ。
f:id:Zusioumaru:20150627101252j:image
サクラの幼なじみにして従者をやっています。
幼なじみだったせいかサクラを呼び捨てにしちゃったりと、やや公私混同気味。
侍のようです。
そしてツバキ。
f:id:Zusioumaru:20150627101558j:image
彼もまたサクラの従者。
カザハナとは対照的に公私混同せず、従者として完璧に使えるのを理想としています。
天馬武者のようです。
この2人にサクラを撫で回していることが知れたら、一瞬で消されそうです。
 
 
 
サクラの従者が2人もいるってことは、ほかの兄弟にも従者がいるんだろうなぁ。
それにしても登場人物が多すぎて名前が覚えきれなくなってきました。
と、ここで敵勢力が迫ってきたとの報告が入ります。
また戦闘か…なんとなく味方と隣接しながら戦ったほうがいいことはわかってきたぞ。
f:id:Zusioumaru:20150627102227j:image 
今回の戦場のボスは暗夜王国軍のサイラス…
ヤダ!イケメンじゃない!
どうやら彼は主人公と知り合いのようです。
が、主人公はとっくに忘れていた。
サイラスかわいそう…。
『幼い頃、おれと何度も遊んでくれただろう?おれのことを親友といってくれたじゃないか!』と叫ぶサイラスに対し…。
(なにいってんのかしら…やーね、春だからねー)ってかんじで、ポカーン状態の主人公。
この主人公…かなり鈍感のようです。
こんなイケメンを忘れるって…なんて女や。
このセリフからしてかわいそうである↓
f:id:Zusioumaru:20150627102700j:image 
主人公に会いたいがために騎士になっちゃったんだよ? 
人生変わっちゃったんだよ?もっと平和な生き方があったかもしれないのにさ! 
ひとの人生を変えちまったんぜ?!
 
 
 
主人公勝利!
f:id:Zusioumaru:20150627102909j:image
だが、サイラスにトドメを刺さない主人公。
『なぜ、攻め込むチャンスがあったのに、躊躇していたのか?』とサイラスに問いかける。
サイラスは『騎士の誓いだ!』と答える。
幼い頃、サイラスは主人公を城の外に連れ出そうとして、処刑されかけたことがあった。
そのとき主人公はサイラスを殺さないようにと庇ったのだそうです。
その瞬間、サイラスは誓いました。
『お前に救われたこの命…いつだってお前のために捨てる覚悟だ…と!
この命は、親友のお前のためにある。
その俺がどうして、お前を殺せる? 』
 
 
 
サイラスかっけえぇ!
サイラスと結婚するしかなくね?!
f:id:Zusioumaru:20150627104046j:image
ここでようやく物忘れの激しい主人公はサイラスのことを思い出す。おっそww
そして主人公は本当は白夜王国の王女であったことをサイラスに打ち明けます。
それに対してサイラスは、
『たとえお前が白夜王国の王女だったとしても、お前はお前だ』
 と男前に微笑むのだった!!ヤダ!イケメン!
続けて、暗夜王国の卑劣な行いと、ガロン王に騙されていたことを打ち明けます。
そしてサイラスに『信じてついてきてくれないか?』と問いかけます。
f:id:Zusioumaru:20150627104747j:image
当然の如く信じてくれるサイラス、かっこよすぎー!
こういうのを男前と言うのだよ!
 
 
 
素晴らしい友情に水を差す伝令サイゾウ。
サイゾウはリョウマの従者的な存在。
f:id:Zusioumaru:20150627105020j:image
リョウマとタクミの軍が暗夜王国軍に襲われ、囚われたか…最悪戦死した可能性もあるそうです。
まあどうせ生きてるんだろうけど。
オロチさんというミコトの従者っぽいひとも登場。
f:id:Zusioumaru:20150627105325j:image
オロチっていうとあんまりいい印象がないのは、わたしだけだろうか。
ドラクエヤマタノオロチしかり、NARUTO大蛇丸しかり…。
 
 
 
サイラスと一緒に行こうとする主人公を突然disり始めるサイゾウ。
『リョウマ様の妹だから仕方がなく従っているけど、信用してないぜ』などと言っていきます。
このひとぜったい友だちいないよ…。
f:id:Zusioumaru:20150627105546j:image
信じられないかもしれないが、サイゾウは爽やかイケメンこと防御力が紙なスズカゼさんのお兄さんなのだ。
似てねぇええ!
スズカゼさんは『暗夜王国で捕虜だったところを主人公に助けてもらった恩がある』と主張するが、
サイゾウは『それすらも演技だったんじゃね?』と元も子もないことを言ってのけます。
まあ、主人であるリョウマの命を脅かしかねない人間を疑うのは忍として当然。
忍としてはスズカゼよりサイゾウが優れていて、
人としてはサイゾウよりスズカゼが優れている。かもしれない。
 
 
 
 
主人公を信用しない悪い子は…月に変わっておしおきよ!
マイルームに呼び出しだわ!
 f:id:Zusioumaru:20150627110329j:image
なんだかんだで呼び出せばのこのこやってくるあたり、ただのツンデレである。
f:id:Zusioumaru:20150627110316j:image 
よぉ〜しよしよしよしよし〜よしゃよしゃよしゃ〜
ふつう呼び出されて、なんの要件もなしに撫で回されたら、ふつうブチ切れ確定ですが…。
素直に撫でさせるサイゾウ。
なにこれ、ツンデレ確定。
 
 
だんだんこのゲームというものがわからなくなってきた。
撫でまわしゲー??
とりあえず7章は終了。
次回は…8章の前にレベルあげしよっかな!
 
 
おわり。