読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もってけ!ずしおうまる

モンハンが大好きな、へっぽこ大剣ハンターZushiの狩猟記録。他ゲー、アニメ、音楽、仕事の愚痴。持続性のない記事が多めです。呟き少なめのツイッター→@zushi1216

FE if:5章 白夜パート

ファイアーエムブレム if
 

 

ども!
ずしおうまるです。
前回白夜王国へと足を踏み入れた主人公。
そこで衝撃の事実が発覚。
白夜王国の女王ミコトは主人公の実の母親であった。
そして実の父を殺害したのは暗夜王国の王、ガロンだった。
まさに泥沼である。
 

 

 
さて。
白夜王国に来て数日…白夜での生活に少し慣れはじめた様子の主人公。
ミコトに玉座に座ってみないか?と尋ねられます。
この玉座に座ると真実の心を取り戻すことができる的なね…由緒正しい玉座だそうです。
f:id:Zusioumaru:20150626005049j:image
ミコトは主人公の幼い頃の記憶が蘇って、もしかすると母親であった自分のことを思い出してくれるかもしれない、と考えて座ってみないか?と尋ねたみたい。
しかし、主人公は『ガロン王に自分が魔法か何かで操られているのでは?』と、ミコトが疑っているんじゃないかと考えてしまいます。
まあ、そう考えるのも無理はないけど、『あなたを傷つけてばかりですね』と謝るミコトがかわいそうでならなかった。
主人公…ちょっとKY。
 
 
 
白夜王国の軍師ユキムラ登場。
f:id:Zusioumaru:20150626114709j:image
暗夜王国の軍師と比べて、善人っぽい。

ペルソナとかだと、こういうやつがじつは黒幕だったりするけど。

f:id:Zusioumaru:20150626114821j:image
白夜王国の兄妹の1人タクミ。
彼は主人公とアクアのことが嫌いみたいです。
タクミの父親を殺したガロン王の実の娘であるアクア、
そしてガロン王が治める暗夜王国で育てられた主人公、
どちらも信用ができない。まあ、率直な意見。
むしろ温かく歓迎してくれたこと自体がすごいよね。
f:id:Zusioumaru:20150626115343j:image
一方、サクラちゃんは着々とシスコン道を突き進んでいます。
顔をいちいち赤らめるのはなんでぇえ!
かわいいけどさー!
 
 
白夜王国の兄妹事情は…
長男 リョウマ
長女 ヒノカ
次男 タクミ
次女 サクラ
という順番のようてます。
主人公は年齢的にヒノカとタクミのあいだに位置しているみたい。
おそらくアクアも主人公と同じ位置かな?
 
 
 
さて、主人公とアクア、兄妹達は白夜王国の城下町にきていました。
ミコトは町の人達に、主人公が帰ってきたことを伝えたい、と言い、町の人達に紹介をはじめます。
が、突如、怪しいフードを被った男が人混みに現れ、
主人公に向かって男が手のひらをかざすと、腰に差していた魔剣ガングレリが震えだす。
f:id:Zusioumaru:20150626115742j:image
ちょっwメガンテ!?
まじで、ストーリー急展開すぎィ!
ガングレリが暴走し周囲を巻き込んでいく。
そして紫色の刃のようなものが飛び散り、主人公へ向かって飛んできます。
 
  
 
咄嗟にミコトは身を呈して主人公をかばう。
f:id:Zusioumaru:20150626190740j:image  
え…ミコト…?
ちょ…登場したばっかりじゃん?
もうログアウトしちゃうの??
 
 
 
あんのガロンの糞ジジィ!
ますます大嫌いになった…!ぬぁにが魔剣ガングレリだ!厨二臭い名前つけやがって。
最初っからこのつもりで、あんなクソダサい剣をよこしたなー! 
 
 
 
ミコトは死ぬ間際まで主人公の身を案じていました。
そして大切な我が子を守ったのです。
本当に優しくていいお母さんですよ、ミコトは。
全然予想してなかったから、心臓に悪いゲームだよこれorz
息絶えたミコトを抱え『お母様ーー!』と叫ぶ主人公。
白夜王国にきて、はじめて主人公はミコトを母と呼んだ、しかし時はすでに遅し…。
この章序盤と前回の4章で、気持ちにズレのあるミコトと主人公だったが…これが思えばフラグだった、と言えるかもしれません。
f:id:Zusioumaru:20150626191120j:image
怒りで震える主人公の身体から光が溢れ出す…。
主人公覚醒キマシタワー!前回も覚醒して丸ハゲをフルボッコしていたからな、きっと今回も…
f:id:Zusioumaru:20150626191506j:image
ファッ(・Д・)!?
 
 
 
主人公が変な生物に変身したァアァァァ!?
なんかポケモンでこういうやついるよね??
f:id:Zusioumaru:20150626195547g:image  
どうやらこの姿はいにしえのドラゴンの姿らしいです。
あまりドラゴンっぽく見えないですが…
f:id:Zusioumaru:20150626195835j:image
ディアルガむっちゃ強ッッ!!
フード軍団を余裕の一撃でぶっ飛ばした!
フードの男たちは謎のまま終わったが、ドラゴンを切ることができる剣『ドラゴンキラー』を持っていました。
f:id:Zusioumaru:20150626200309j:image
このことから、これもおそらくガロンの差し金。
主人公がドラゴンに変身することも見越していたのでしょうか。
というか、主人公がドラゴンになる設定…もっと早く教えてほしかった…。
そしたら素質を竜騎士にしたのにーorz
 
 
 

フードの男たちを退けたあと、主人公はドラゴンのまま暴走し続ける。

ドラゴンになると力や感情をうまくコントロールできなくなるようです。
歌の力で、なんとかドラゴンのパワーを抑え込もうと、身体をはるアクア。
アクアの首飾りには竜を鎮める効果があるのでしょうか。
ドラゴンは徐々に後ずさりをはじめる。
f:id:Zusioumaru:20150626200856j:image
しかしアクアの祈りは虚しく、主人公は元に戻らない。
それどころか…
f:id:Zusioumaru:20150626200948j:image
アクアを足蹴に…!!
うわーやめたげてよー!!
 
 
 
 
しかし、それでもアクアは諦めない。
主人公に元に戻るように、呼びかけ続ける。
そしてついに…
f:id:Zusioumaru:20150626201125j:image
戻ったー…?変なポーズだな。マトリックス
ついにドラゴンからひとに戻ることができた…と、同時に、主人公は父が死んだ日を思い出す。
f:id:Zusioumaru:20150626201439j:image
あの日、父は暗夜王国のガロン王の策略によって、主人公の目の前で殺されていまはさた。
そしてガロン王は主人公を拾い、何食わぬ顔で育てたのです。
拾った理由はわからない。
まさか数十年前から、これまでの一連の出来事を見越していたとすると、ガロンは凄すぎるし…。
主人公のドラゴンの力を恐れて??
いや、いまだ真意は不明である。
 
 
 
母を目の前で殺され、自らの力で町を壊し、人々を殺してしまったことにショックを受ける主人公。
しかしアクアは優しく『あなたのせいじゃない。あなたの神祖竜の力がそうさせただけ』と庇ってくれます。
神祖竜ってたしか暗夜の王族達がひいている血の力だよね?
ガロン容疑者がそんな供述をしていたような?
f:id:Zusioumaru:20150626202447j:image
やっぱり…。
白夜の王族も神祖竜をの血を引いているみたいです。 
暗夜の闇竜、
白夜の光竜、 
お互いに対をなす存在。
王族の中でもより色濃く血を継いだ者だけが、ドラゴンに変身できるようです。
さすが主人公!すでにチート性能。
こういう設定…大好き。
 
 
 
 
リョウマは、暗夜王国のガロン王は、
主人公に魔剣ガングレリをもたせたことも、
白夜領の廃砦に行かせたことも、
橋の下に落とした後、生き延びて白夜王国にたどり着くことも、
すべて見越していたのだろう、という。
だとすると、ガロン王はゲスの極みだけど、やはり先を見越す力が長けた策略家。
f:id:Zusioumaru:20150626202856j:image 
そしてこの出来事でいちばんショックを受けたのは、タクミでした。
父親暗夜王国の策略で殺され、母親までも失った。
その原因を作ったのは、暗夜王国からやってきた主人公。
そら恨むわなあ…。
『出ていけよ!あんたは疫病神だ』とタクミは叫ぶ。
 
 
 
 
そこに軍師ユキムラが割って入ります。
じつはミコトは自分の死を予感していたこと、そして、さらに暗夜王国の裏側に潜む魔の手も。
やはり、暗夜王国白夜王国を争わせようとする第三者的存在がいるのでしょうか?
そしてユキムラは、この白夜王国に伝わる武器について話し出す。
f:id:Zusioumaru:20150626203646j:image
リョウマの使っている刀は、前白夜王の使っていた刀。
そしてタクミの使っている弓は、ミコトが使っていた弓。
白夜王国の武器は代々受け継がれていたようです。
そしてたった1本…まだ残された剣がある。
それが『夜刀神』
厨二設定キァァアァアァァァ!
大岩に突き刺さっていた夜刀神だが、使い手をずっと待っていたのでしょか。
主人公が近づくとひとりでに剣が抜け…。
f:id:Zusioumaru:20150626204137j:image
主人公の手におさまったのである!!
おおぉお!
伝説の勇者っぽくていいねえ!
魔剣ガングレリは燃えないゴミに出しちゃおっと♪
 
 
 
暗夜王国はダメージを受けた白夜王国に、追い討ちをかけるように兵をだしてきます。
迎えうつしかない!
戦場に出ようとすると主人公をアクアが引き止めます。
そして『竜石』をくれます。
竜石はアクアが首から下げていた石。
主人公のドラゴンの力を抑え込んでくれたものだ。
主人公はアクアに問います。
『アクアを襲った自分に、なぜそこまでしてくれるのか?』と…すると。
f:id:Zusioumaru:20150626204506j:image
『あなたとわたしは似ているから…』
キマシタワー!
ここにキマシタワーを建てましょうそうしましょう!
すごいな…これ女子達にモテまくるゲームだね。
男主人公でやるべきだったかもしれない。
 
 
 
 
というわけで5章はここまで。
いよいよ暗夜王国との直接対決となるのか。
暗夜王国の兄妹たちには、思い入れがある…けれど、今回ガロンがやったことは…
決して許されることじゃあない。
 
 
おわり。